NEW
ジャーナリズム

中国・習近平の政治生命が風前の灯…習批判が渦巻き権力構造に異変、共産党崩壊の序曲か

文=宮崎正弘/評論家、ジャーナリスト
【この記事のキーワード】

, , , ,

中国・習近平の政治生命が風前の灯…習批判が渦巻き権力構造に異変、共産党崩壊の序曲かの画像1
北京を視察する中国の習近平国家主席(写真:新華社/アフロ)

 中国に「黒い白鳥」が舞い降りた。

 ブラックスワンは「あり得ない」とされるシナリオを意味する。それが、とうとう現実となった。「COVIT-19」と名づけられた武漢発の新型肺炎は瞬く間に中国全土に拡大し、2月18日に死者は2000名を超え、なお被害が拡大している。

 中国の、およそ4億人が住む地域が封鎖されている。すなわち隔離状態にある。その上、およそ3億人の出稼ぎ労働者たちが交通遮断のために職場に戻れない。かくして、「世界の工場」と言われた中国の生産基地の空洞化は予想より迅速である。

 新型コロナウイルスの急激な広がりのスピードと同様に、ゴーストタウン化が進んでいる。都市が荒廃し、人心がすさみ、巷には終末論が蔓延する。

「習近平よ、武漢へ行け」の大合唱

 致命的なのは、サプライチェーンの寸断である。トヨタ自動車の中国工場はエンジンの輸入が止まり、生産ラインは1本だけ、日産自動車は逆に中国で生産している部品が止まり、九州の2つの工場がストップした。自動車部品の3割は中国で、中国に進出した日本企業が製造しているため、1カ所の部品が止まれば全体のシステムが動かなくなる。中国だけに依存したシステムのリスクがいかに大きいかを物語る。

 アップルは部品調達がうまくいかず、売り上げの大幅な下方修正をした。中国経済の沈没状況はすさまじいことになった。特に対米輸出の激減ぶりが顕著だが、新型コロナウイルス災禍の以前から、製造業の多くが中国から逃げ出し、「世界の工場」は烈風吹きすさぶ荒野になりつつあった。

 パニックに襲われ、北京の王府井、上海の南京路などに人がめったに通らなくなった映像が世界に流れた。日本でいうと、銀座から人通りがなくなった惨状を連想するといい。

 習近平は2月5日に「中国はいかなる対応も取れるし、ウイルス退治には自信を持っている」と虚言を吐いた上、2月10日になってマスク姿で北京の住宅地を視察して同じセリフを発した。ネット上には「習近平よ、武漢へ行け」の大合唱が起きた。

 重大な懸念はむしろ諸外国から発せられており、2月10日に英国政府は「コロナウイルスは公衆衛生への重大かつ差し迫った脅威だ」と宣言するに至る。英保健省は「こうした規制において打ち出される措置はウイルスのさらなる伝染を遅らせたり、防いだりするのに効果的な手段とみなされる」とした。

 ロシアでは新任の中国総領事を2週間、領事館に留まるよう要請し、外務官僚との面会はその後で、と釘を刺した。その上、ロシアは中国との国境を封鎖し、航空機の乗り入れを禁止し、まだ死者が出ていないのに中国籍の旅行者の入国も禁止した。

 不手際が目立ったのはWHO(世界保健機関)である。WHOは中国の政治圧力に屈して1月30日まで「非常事態」の宣告を延ばし、2月初旬に西側諸国の多くが旅行制限を実施したときにも「旅行制限するほどではない」と言ってのけた。

 WHOは2月11日にようやく「新型コロナウイルス」を「COVIT-19」と名づけ、「感染拡大が世界に及ぼす影響はテロリズムを超える恐れがある」などとして、一段の警戒を呼びかけた。WHOが中国のカネに浸食され、いいように操られている実態を示唆した。

関連記事