NEW
ジャーナリズム

東京都教委、民間委託事業の仕様書が違法スレスレ…複雑怪奇な指示表現、実態は偽装請負

文=日向咲嗣/ジャーナリスト
【この記事のキーワード】

, , ,

東京都教委、民間委託事業の仕様書が違法スレスレ…複雑怪奇な指示表現、実態は偽装請負の画像1
「東京都教育委員会HP」より

「これ、最初から違法なんじゃない?」

 そう嘆息したある学校関係者の視線の先にあるのは、民間委託された都立高校学校図書館の仕様書だ。何度読んでも、受託企業が配置すべき人員の数さえ判然としない複雑怪奇な表現が連ねられている。その意味を注意深く読み解くと、違法性をスレスレのところで回避するかのような、役人の巧みな文章術が浮かび上がる。

 派遣労働者の人数を具体的に指定することなく、結果的に希望通りの人員配置を要求しているのだ。

 当サイトでこれまで何度か取り上げてきた東京都立高校の偽装請負事件。東京都は2015年7月、東京労働局から高校内の学校図書館が偽装請負であったとして是正指導を受けたが、その事実を東京都教育委員会はひた隠しにしてきた。

 筆者は、この件に関連して都教委が作成した一連の内部文書を入手。そこには、受託事業者の契約不履行や、荻窪高校など現場の認識の甘さからくる対応のまずさばかりが強調されていた。

 ところが、その後の検証によって、そもそもこの事業の大枠である仕様書そのものが、偽装請負を強く疑われる違法性をはらんでいたことがわかった。

 下の文書は、東京労働局から偽装請負を指摘されるより3年前の12年度における、ある都立高校・学校図書館の仕様書の一部である。

東京都教委、民間委託事業の仕様書が違法スレスレ…複雑怪奇な指示表現、実態は偽装請負の画像2

「乙は本契約の履行に当たり、業務を円滑に遂行できる人員を学校毎に複数人配置する」とあるものの、その後の文章を読み進めても「業務を円滑に遂行できる人員」が具体的に何人を指すのかは、どこにも書かれていない。「複数人配置」なので、少なくとも1人ではダメなことだけはわかる。

 その代わり、平日の業務開始から昼休みが始まるまでの時間帯や、土曜日及び日曜日に係わる業務時間などの例外を挙げて、それらについては「必ずしも複数人配置することを要しない」としている。

 つまり、都立高校において、単位制を除いた高校での標準となる人員配置は、以下の通りである。

・平日午前…1人以上
・平日午後…2人以上
・夜間…1人以上
・土日…1人以上

高校別の特記仕様書の存在も明らかに

 次に、この標準配置とは別に、高校別の特記仕様書の記載があることもわかった。筆者が入手した範囲内で、仕様書の内容とは異なる特記事項が確認できたのは、荒川商業高校と飛鳥高校の2例のみだった。

 12年当時の荒川商高は夜間部のある定時制高校で、基本は標準配置だ。しかし、但し書きがあり、全日制の生徒が登校しない授業パターンにおいては、午後4時半から5時までだけは「複数人配置を要しない」とされている。

東京都教委、民間委託事業の仕様書が違法スレスレ…複雑怪奇な指示表現、実態は偽装請負の画像3