安倍首相、コロナ拡大の渦中、連夜“お友達と美食三昧”…国民には外出自粛呼びかけの画像1
麻生太郎財務相(左)と 安倍晋三首相(右)(写真:つのだよしお/アフロ)

 新型コロナウイルスの感染拡大が続いている中、安倍晋三首相は2月29日、会見を行った。全国的なスポーツ、文化イベントの中止、全国すべての公立小中高校、特別支援学校について、3月2日からの休業を要請するものである。

 新型肺炎を「指定感染症」とする政令を施行されたのは、2月1日。その深刻な状況下で、安倍首相は頻繁に会食を行っていたことが批判された。どれだけの会食を行っているのか、首相動静から列挙してみよう。

・2月3日/東京・築地のふぐ料理店「つきじやまもと」で森喜朗元総理大臣、自民党の青木幹雄元参議院議員会長と会食

・2月4日/公邸で静岡銀行の中西勝則会長らと会食

・2月7日/東京・虎ノ門のホテル「The Okura Tokyo」の飲食店「鉄板焼 さざんか」で稲田衆議院議員、JXTGホールディングスの渡文明名誉顧問、川田順一副社長と会食

・2月12日/公邸で弁護士の小長啓一氏、政治評論家の杉浦正章氏と会食

・2月13日/東京・千代田区の「赤坂四川飯店」で自民党の細田派と麻生派の当選3回の衆議院議員らとの懇親会に出席、自民党の細田博之元幹事長と麻生副総理兼財務大臣が同席

・2月14日/東京・内幸町の「帝国ホテル」で日本経済新聞の喜多恒雄会長、岡田直敏社長らと会食

・2月17日/公邸でタマホームの玉木康裕会長、三菱ガス化学の倉井敏磨会長、コニカミノルタの山名昌衛社長、電気興業の松澤幹夫社長らと会食

・2月18日/東京・六本木のホテル「グランドハイアット東京」の中国料理店「CHINAROOM」で赤羽国土交通大臣、公明党の太田昭宏前代表、斉藤鉄夫幹事長、石井啓一幹事長代行、高木陽介国会対策委員長らと会食

・2月20日/東京・六本木の京料理、鉄板焼き店「花郷 六本木店」で、評論家の金美齢氏、自民党の城内実、池田佳隆、石川昭政、長尾敬、簗和生、山田賢司各衆院議員、小野田紀美参院議員らと会食

・2月21日/東京・芝公園の「ザ・プリンスパークタワー東京」の「中国料理 陽明殿」で自民党の山口泰明組織運動本部長、稲田朋美幹事長代行、三ツ林裕巳衆議院議員、神山佐市衆議院議員、西村官房副長官と会食

・2月25日/公邸でフューチャーの金丸恭文会長兼社長、ランサーズの秋好陽介社長、オプティムの菅谷俊二社長らと会食

・2月26日/公邸でサントリーホールディングスの佐治信忠会長、東映グループの岡田裕介会長、日本カルミックの高居隆章社長らと会食

・2月28日/公邸で作家の百田尚樹氏、ジャーナリストの有本香氏と会食

「何かいけないことなのか」と弁明

 この1カ月で会食は13回に及ぶ。政府専門家会議のメンバーは、感染拡大を招くリスクの高い行動として、「互いに手を伸ばして届く距離の対面で、一定時間以上の接触があり、多くの人とコンタクトが起きること」を挙げており、多くの企業で飲み会を自粛している。

RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ