NEW
連載
榎本博明「人と社会の役に立つ心理学」

「日本の子どもは自己肯定感が低い」問題視は的外れ…中身がなくても自信満々な欧米人

文=榎本博明/MP人間科学研究所代表、心理学博士
【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「gettyimages」より

 日本の子どもたちの自己肯定感が低いことがしばしば話題になる。その根拠として、国際比較調査のデータが持ち出され、どうしたら他国のように自己肯定感を高めることができるかという議論になる。

 だが、そうした議論には落とし穴がある。日本の子どもたちは、ほんとうにそんなに自信がないのだろうか。また、海外の子どもたちの自信たっぷりな振る舞いは、はたして模範になるようなものなのだろうか。

国際比較調査でみると、たしかに日本の子どもたちの自己肯定感は低い

『伸びる子どもは○○がすごい』(榎本博明/日本経済新聞出版社)

 国際比較調査のデータが発表されるたびに、日本の子どもたちの自己肯定感の低さが問題視され、さまざまな対処法が議論される。それにもかかわらず、いつまでたっても日本の子どもたちの自己肯定感は海外の子どもたちと比べて低いままだ。そこで、またそれが問題視される。

 だが、そうした議論はまったく的外れである。日本の子どもたちの自己肯定感の低さを問題にするなら、海外と比較するのではなく、時系列でみて、過去の日本の子どもたちと比較して、ほんとうに自己肯定感が低下しているのかをみていく必要がある。

 なぜなら、文化が違えば理想的な自己像が違うため、自己形成の方向性が異なるからである。そこを勘違いすると、教育や子育ての方向を間違ってしまう。

 たとえば、国立青少年教育振興機構により2017年に高校生を対象に実施された国際比較調査をみても、「私は価値のある人間だと思う」という項目を肯定する比率は、米国53.2%、韓国48.5%、中国27.9%に対して、日本は9.6%と極端に低い。

「私はいまの自分に満足している」という項目を肯定する比率も、米国39.4%、韓国33.6%、中国16.0%に対して、日本は8.7%であり、これまた極端に低い。

 どの国際比較調査をみても、同じように日本の子どもたちの自己肯定感は、飛び抜けて低いという結果になっている。だが、そうしたデータをもって、「これは好ましくないことだ」「なんとかしなければならない問題だ」などと短絡的に考えるべきではない。ある意味、そうした結果は当然のことなのである。

いつも自信たっぷりな欧米人、いつも謙虚な日本人

 では、なぜ日本の子どもたちの自己肯定感は、海外と比べてこれほど低いのだろうか。そこには文化的要因が深く関係している。

 このような項目によって測定されると、子どもに限らず日本人は総じて自己肯定感は低くなる。

関連記事