NEW
企業・業界

レナウン、再び経営危機、継続企業の前提に注記…香港の兄弟企業が代金を払ってくれない

文=編集部
【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
レナウンの公式通販サイト「R-online “The Shop”」より

 中国・武漢で発生した新型コロナウイルスの感染拡大で、ファッションビジネスは先行きの見えない状況に陥っている。日本のアパレル企業は中国で約7割を生産している。中国の衛星工場では従業員が十分に集まらなくなったりしている。その上、船便などで商品の輸送が滞っており、納期遅れが発生している。

「ダーバン」などを展開するレナウンは、上海の北に位置する南通市に主力の協力工場があるが、2月10日の工場の再開を延期した。

資金回収が滞り67億円の赤字

「米中摩擦の影響で資金が回収できなかった」

 アパレルの名門・レナウンの神保佳幸社長は3月2日、東京都内で開いた記者会見で、2月末に発表した19年12月決算で2期連続して赤字になった理由を、こう説明した。2019年12月期の連結決算(10カ月の変則決算)は最終損益が67億円の赤字だった。決算期変更で単純比較はできないが、赤字は2期連続で、19年2月期(39億円の赤字)に比べて赤字幅が大きくなった。

 売上高は502億円(19年2月期636億円)、営業損益は79億円の赤字(同25億円赤字)を計上。決算短信に「継続企業の前提に関する注記」(GC)がついた。赤字の元凶は取引先の香港企業に対する売掛金の回収が滞り、貸倒引当金53億円を計上したことだ。

 レナウンの親会社は中国繊維大手の山東如意科技集団である。売掛金の回収ができなかった香港企業は山東如意の子会社、恒成国際発展有限公司。レナウンとは兄弟会社になる。レナウンは世界から調達した綿や糸を恒成国際に販売。恒成国際は中国のアパレル・卸企業に、それを売っている。ところが、「米中貿易摩擦の影響によって資金回収が滞る」(神保社長)事態となった。

 恒成国際から売掛金を受け取れない時は、山東如意が代わってレナウンに払う取り決めになっていたが、親会社の資金繰りも火の車。山東如意は19年末の社債の償還を優先させた。社債を償還ができなければ債務不履行(デフォルト)となる。デフォルトになれば、取引金融機関が資金を引き揚げることになるから、デフォルトは事実上の「死刑宣告」だ。山東如意は、子会社のレナウンへの支払いより、社債の償還を優先せざるを得なくなった。

 山東如意は英ブランド「アクアスキュータム」やスイスの「バリー」、米スパンデックス繊維の「ライクラ」など大型のM&Aを次々と仕掛けた結果、債務の返済に窮してしまったのだ。神保社長は「対外投資が多額になり、資金の工面がつかなくなっていたのではないか」とみている。

関連記事