NEW
垣田達哉「もうダマされない」

コロナ危機煽り買い占め助長する安倍首相と小池知事…緊急事態宣言なら戦時下と同じ状況に

文=垣田達哉/消費者問題研究所代表
【この記事のキーワード】

, ,

コロナ危機煽り買い占め助長する安倍首相と小池知事…緊急事態宣言なら戦時下と同じ状況にの画像1
撮影=編集部

 26日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、安倍晋三首相は「政府対策本部」の設置を指示した。首相による緊急事態宣言が可能になる手続きの一つだが、東京都の一日当たりの感染者数は25日に41人、26日に47人と急増している。

 安倍首相は2月28日に全国の小中高校を一斉休校するという権限外の荒業を使った。当初は、この判断が早計だという批判が多かったが、結果的に支持率は下がるどころか、わずかだが上昇した。そして3月13日には「改正特措法」(新型インフルエンザ等対策特別措置法の一部を改正する法律)を可決させたが、安倍首相は緊急事態宣言を出すにあたって事前に国会に報告する義務はあるが、拒否されることはない。そういう状況のなかで東京都の感染者が急増し、いつ緊急事態宣言が出てもおかしくはない状況となっている。

 東京都の場合、25日に感染がわかった41人のうち11人は院内感染で、残り30人のうち5人は海外への渡航歴がある。感染経路が不明なのは、多くて25人ということだが、人数だけ見れば「東京都で感染が爆発的に増加した。このままでは都市封鎖をしなければならない」と煽ることができる。

緊急事態宣言が出されると、戦時中に戻る

 25日、小池百合子東京都知事が夜8時に会見をして今週末(28~29日)の外出自粛を呼びかけると報じられ、一部の人々がスーパーマーケットに並んで食料品等の買い占めに走った。緊急事態宣言が出されるかどうかはともかく、「いずれにしてもなんらかの自粛要請はされるから、食料品の確保は必要不可欠だ」と思うのも無理はない。首都圏では26日、スーパーで買い占めに近い状況が起きている。「自粛しろ。出かけるな。家にいろ」となれば、「食べるものがなければ生きていけない」と思うのは当然のことである。

 東京都に続き、神奈川、千葉、埼玉、山梨の各県が週末の外出自粛を打ち出した。今までも国の外出自粛要請を受け、多くの国民は自粛している。これ以上の外出を自粛しろということは、都市封鎖と同じことだ。

 当然、食料品の買い占めに拍車をかけるだろう。もちろん、政府が緊急事態宣言を出せば、世界中で起きたように日本でもスーパーに消費者が行列をつくり、店舗の商品は数時間でなくなるだろう。いくら政府が「食料品の在庫はある」といっても、目の前になければ誰も信じない。マスク不足に関しても、どれだけ政府にだまされたことか。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ