NEW
たかぎこういち「“イケてる大先輩”が一刀両断」

レナウン、再び経営危機…不可解な「53億円の貸倒引当金」、中国・親会社にも暗雲

文=たかぎこういち/タカギ&アソシエイツ代表、東京モード学園講師
【この記事のキーワード】

, ,

レナウン、再び経営危機…不可解な「53億円の貸倒引当金」、中国・親会社にも暗雲の画像1
レナウンの公式通販サイト「R-online “The Shop”」より

1.不可解なレナウン53億円2400万円の貸倒引当金計上

「中国のLVMH」を自称する山東如意集団の子会社であるレナウンは、2019年12月期決算を発表した。販売環境が振るわず、売上高は502億6200万円、営業利益は79億9900万円の赤字となり、10カ月の変則決算のため単純比較はできないが、2期連続の赤字となった。決算短信では貸倒引当金53億2400万円を計上した。

 会社側の説明によれば、同じく山東如意を親会社とする兄弟会社の香港・恒成国際発展有限公司に対する売掛金の回収延滞が発生し、貸倒引当金を計上したという。不可解な点の1つ目は、19年2月期決算書では、恒成国際発展への売掛金35億1800万円が計上されている点である。なぜ仕入れ先に販売する形態になったのか、不可解である。

レナウン、再び経営危機…不可解な「53億円の貸倒引当金」、中国・親会社にも暗雲の画像2
『アパレルは死んだのか』(たかぎこういち/総合法令出版)

 第2点は、19年12月期中に売掛金が18億円も増額され、かつ回収延滞となっている点である。回収できない企業に商品を売り込んだのも不可解である。その貸倒金額も、売上高502億円の10%以上におよぶ莫大な金額である。

 第3点は親会社の山東如意が連帯債務者となっていながら、債務保証は履行されておらず、そして全額が貸倒引当金に計上されている点である。

 レナウンの自己資本比率は19年12月末時点でも47.4%を維持している。回収延滞により、現預金は前期末の90億8300万円から53億7700万円へ大きく減少している。昨年5月に新社長に就任した神保佳幸氏は「今後、山東如意と絆を深める」と発言していたが、レナウンが3月26日に開催した定時株主総会で、神保社長と北畑稔会長の取締役再任の議案について、株式の過半を持つ筆頭株主である山東如意が反対し、否決された。両氏は取締役の職を解かれた。同日付けで毛利憲司取締役を社長に昇格させた。

 業界の名門レナウンが、このピンチをチャンスに変えてV字復活を実現することを深く祈念する。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ