NEW
小林敦志「自動車大激変!」

カローラ、トヨタ全店全車種併売で年間販売トップを盤石に?特別仕様車、追加オプションも

文=小林敦志/フリー編集記者
【この記事のキーワード】

, , , ,

カローラ、トヨタ全店全車種併売で年間販売トップを盤石に?特別仕様車、追加オプションもの画像1
トヨタの「カローラ」(「トヨタ カローラ | トヨタ自動車WEBサイト」より)

 トヨタ自動車カローラ」は2019年9月に国内仕様としては初めて、セダンとツーリング(ステーションワゴン)が3ナンバーサイズとなるフルモデルチェンジを行った。

 見た目はグローバルモデルと同じイメージを採用するものの、全長を短く、全幅を狭めることで日本専用としているのが大きな特徴。後輪ダブルウィッシュボーンサスペンションや、4輪ディスクブレーキ、安全運転支援デバイスなど装備の充実、内外装の質感アップもあわせて“これでカロ―ラなの?”と思ってしまうほど格段のレベルアップを行い、世間に衝撃を与えてデビューしたといってもいいだろう。

 まさに、新時代“令和”に合わせて一新を図ったカローラシリーズだが、販売現場で「2020年も新型カローラシリーズメインで登録車での年間販売台数ナンバー1を狙っているようなのです」との話を聞いた。暦年(2020年1~12月)なのか事業年度締め(2020年4月~2021年3月)なのかは、はっきりしていないようだが、とにかく年間販売台数トップを狙っているというアナウンスはなんとなく販売現場に伝わっているようだ。

 自販連(日本自動車販売協会連合会)統計によると、2019事業年度(2019年4月~2020年3月)締めでの登録車販売台数において、カローラは11万4358台を販売してトップとなっている。しかし、2019年4月から8月までは先代モデルの販売台数としてカウントされるので、フルモデルチェンジ後も先代モデルが併売されているとはいえ、現行新型カローラメインでのフルカウントとしての年間販売台数トップも引き続き狙っているようなのである。

 新型カローラのセダンとツーリングがデビューしたとき(2019年9月17日)、すでにラインナップされていたハッチバックモデルのスポーツも改良を受け、この3つのボディタイプを合算した月販目標台数を9400台と発表している。

やや不安定なカローラの販売台数推移

 別表は、自販連統計をもとに、現行シリーズとなってから初めてのフルカウントでの販売月となった2019年10月から2020年3月までの月別販売台数の推移をグラフに表したものとなる(併売されている先代カローラ<アクシオとフィールダー>も含む)。

カローラ、トヨタ全店全車種併売で年間販売トップを盤石に?特別仕様車、追加オプションもの画像2

 これによると、2019年10月、11月、12月はいずれも登録車だけでのランキングで販売トップを維持しているものの、年明けから急ブレーキがかかり、2020年1月は月販目標販売台数を下回り、年度末決算セール期で新車がよく売れる2月もわずかに目標販売台数を上回る結果となった。しかし、3月には1万6327台を販売して、再び登録車販売トップとなっている。

 2019年中は快調に飛ばしており、年が明けて3月には再び登録車販売トップとなったものの、1月と2月は息切れムードが漂っており、やや不安定な販売台数推移になっているともいえよう。

 そのなか、4月上旬に聞いた話では“G-Xプラス”なる特別仕様車が近々設定されるとのことである。廉価グレードとなるG-Xは、その上となるSやW×Bに比べると、廉価グレードとはいえ、装備内容が充実していない印象が目立っていた。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ