NEW
「雑草系臨床心理士・杉山崇はこう考えます」

コロナ感染者9割が健康被害なしとの調査…「高齢者の感染」防止で事態は大幅に改善する

文=杉山崇/神奈川大学心理相談センター所長、人間科学部教授、臨床心理士
コロナ感染者9割が健康被害なしとの調査…「高齢者の感染」防止で事態は大幅に改善するの画像1
中国で新型ウイルス肺炎拡大 武漢市の病院(写真:AFP/アフロ)

 新型コロナウイルスの猛威が一向に収まりません。世界の死者は執筆現在で14万人といわれ、世界経済も大打撃を受けています。どこまで、私たちの命と暮らしが脅かされるのか、先行きが見通しにくい状況が続いています。

新型コロナウィルスに対して、なぜ楽観的だったのか?

 ところで、新型コロナウイルスのリスクが言われ始めたのは2019年末から2020年の年始にかけてからでした。しかし、今となっては信じられませんが、当初は世界的に楽観的な空気が支配的でした。 

 感染症医学の専門家のなかにも楽観的な見通しを語る声もありました。その背景には、「感染症の毒性と感染力はトレードオフ(反比例)である」というシンプルかつ説得力のある公式(e.g.,高倉,2009)があるからです。

 この公式を説明すると、次のようになります。

・毒性が強い感染症は感染者が弱ってしまうので行動範囲が狭くなる。

・その結果、感染させる人も少なくなり、感染力が下がる。

・一方、毒性が弱いと感染者が活動し、感染させる人が増える(感染力が上がる)。

・ただし、毒性が低いので仮に感染しても大事になるリスクは低い。

 私はこの公式を「感染症の公式」と呼んでいます。仮に新型コロナウィルスがこの公式に当てはまるのであれば、そんなに恐れる必要はありませんでした。

楽観的な見通しは絶望的な見通しへと変わる

 しかし、大量の死亡者を出したイタリア、フランス、英国、アメリカ、ドイツ、カナダ(執筆時点での人口あたりの死亡者数順)での惨状が伝えられるなかで、この認識は徐々に書き換えられてきました。感染前は健康と思われていた若い方の死亡事例もニュースとして大きく扱われました。そして、「みんな、もっと怖がって!」というプロパガンダが世界中に溢れました。日本でも全国に「緊急事態宣言」が出されるに至っています。筆者は安全第一という観点からは、この流れは極めて正しいことと考えています。

 世界の政治リーダーは、絶望を超えれば希望が来る、という見通しを語って、人民を勇気づけようとしています。しかし、感染の不安だけでなく、経済的な打撃の余波がどこまで及ぶか見えないなかで、将来に不安を抱える人が多いのが実情です。かく言う筆者も、感染と経済の両方に不安を抱えながら日々を過ごしている一人です。

感染症の公式は崩壊したのか?

 さて、話を感染症の公式に戻しましょう。現在は公式通りの事態になっていません。新型コロナウイルスにはこの公式は当てはまらないのでしょうか?

 ここに興味深いデータがあります。メガクラスターとなった米原子力空母セオドア・ルーズベルトのデータです。約4800人が搭乗するこの空母は4月14日の報道では、585人が感染していると考えられ、157人が重軽症含め何らかの症状を呈し、1名が死亡したそうです。お亡くなりになった1名のご冥福を祈らずにいられません。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ