ラーメン、なぜ“1000円の壁”崩れつつ?高額化で“安い食べ物”という観念薄れるの画像1
一蘭 HP」より

 日本の国民食といっても過言ではないラーメンだが、1杯に払える値段のボーダーラインは人それぞれだろう。

 2015年にウェブメディア「マイナビ学生の窓口」が“「いくらおいしくてもこれ以上の金額は無理」というラーメンの価格”を社会人401人に調査したところ、最も多かった回答は「1000~1050円」(183人、45.6%)、次いで「800~850円」(33人、8.2%)だった。ラーメンフリークならともかく、たまに昼食や夕食でラーメン店を利用する程度の層だと、心理的に“1000円の壁”を感じてしまうのかもしれない。

 しかし昨今は、とんこつラーメンチェーンの「一蘭」が、昨年10月オープンの新店「銀座一蘭」(東京都中央区)で重箱入りのラーメンを1180円(税込、以下同)で提供していたり、「饗 くろ㐂」(もてなしくろき、東京都千代田区)や「Japanese Soba Noodles 蔦」(つた、東京都渋谷区)といった行列のできる個人店でも、1000円以上のメニューがデフォルトになっていたりする。1000円超えのラーメン自体は決して珍しくないし、むしろ以前より市民権を得ているのではないだろうか。

 そこで今回は、こういった高価格帯ラーメンの現状について、年に600杯前後のラーメンを食べ歩き、過去には人気番組『TVチャンピオン』(テレビ東京系)で“ラーメン王”に輝いた実績を持つ、ラーメン評論家の山本剛志氏に話を聞いた。

ラーメンの海外進出と多様化が“1000円の壁”を崩しつつある?

「“1000円の壁”という言葉は、2000年代の前半からよくいわれていたものです。その日だけの限定ラーメンや、通常よりトッピングを増やしたラーメンであっても、1000円を超えた途端に客から反発が出てくる。そういった話は、ラーメン店の現場からも聞こえてきていました。

 今もまだ、1000円超えのラーメンに対する抵抗感は根強く残っているでしょう。しかし最近は、ラグビーにたとえるなら、各店舗が“1000円の壁”に少しずつモールを押し込んでいる状況です。まだ壁は崩れていないながらも、各店舗はラーメンの新しいあり方にアプローチしており、それが結果的に、1000円超えのメニューとして表れているのだと思います」(山本氏)

 山本氏は、高価格帯ラーメンが浸透してきている背景には、3つの要因があると分析する。

「まず1つ目の要因は、時がたつにつれ、物価が高騰してきていることです。食材は年々高くなっていますし、2000年代以降は、消費税の2度の増税もありました。これらの条件が変わってくると、今までどおりのラーメンを提供しようとしても、値段を上げざるを得ません。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ