ディズニーR、純利益は622億円!コロナ禍で大幅減益も無類の強さ証明、課題は顧客満足度の画像1
東京ディズニーリゾート(「Wikipedia」より)

 東京ディズニーリゾート(TDR)を運営するオリエンタルランドが、無類の強さを見せつけている。2020年3月期決算は、連結純利益が前期比31.1%減の622億円だった。

 新型コロナウイルスの感染拡大で2月末から東京ディズニーランド(TDL)と東京ディズニーシー(TDS)を臨時休園とし来園者数が減ったことに加え、休園期間の人件費などの固定費や商品などの廃棄損を含めた特別損失92億円を計上したことが響いた。大幅減益のため、一見すると深刻なようにも見えるが、むしろ大幅減益でも622億円もの純利益を稼ぎ出せる強さがあると評価すべきだろう。

 連結売上高は11.6%減の4644億円、営業利益は25.1%減の968億円だった。テーマパークの入園者数が減ったことに加え、入園者1人当たりの売上高が減ったことが響いた。入園者数は前期比10.9%減の2900万8000人と、3000万人を割った。前期まで6年連続、3000万人台で推移していた。入園者1 人当たりの売上高は1.8%減の1万1606円だった。前期にTDR開業35周年イベントで関連商品の販売が増えた反動が出た。この結果、テーマパーク事業の売上高は12.2%減の3840億円、営業利益は25.7%減の796億円だった。

 新型コロナで臨時休園する前までは好調だった。新アトラクション「ソアリン」が好評だったことなどで20年3月期上期(19年4~9月)の入園者数は1573万人と、過去最高を記録した。こうした状況を受け昨年10月、通期の入園者数が従来予想から150万人上振れて3150万人になると発表。連結業績も上方修正し、売上高は従来予想より246億円多い5038億円(前期比4.1%減)、純利益が109億円多い762億円(同15.6%減)になるとしていた。また、今年1月末時点では、昨年10月発表予想をさらに上回る業績を見込んでいた。

 しかし、新型コロナの影響で2月29日から臨時休園を余儀なくされ、それに伴い業績は落ち込んでしまった。ただ、業績は悪化したものの、それでも622億円もの純利益を稼ぎ出せている。新型コロナの影響で深刻な状況に陥った企業は少なくないので、そうしたことを考えれば、オリエンタルランドの減益決算は大したことではないだろう。たとえば、百貨店大手の三越伊勢丹ホール ディングス(HD)は4月27日、20年3月期の連結純損益が110億円の赤字(前期は134億円の黒 字)に転落する見通しを発表している。また、紳士服大手の青山商事が3月11日、20年3月期の連結純損益が203億円の赤字(同57億円の黒字)に転落する見通しを発表している。こうした企業と比べると、オリエンタルランドはだいぶマシだろう。

 オリエンタルランドは財務基盤も盤石だ。20年3月末時点の現預金は2611億円で1年前から1163億円減ったが、それでも十分な額を保持している。現預金だけで有利子負債(870億円)の額を大幅に上回っており、実質的に無借金経営をしている。休園が長引いた場合、保有する豊富な現預金や19年に再設定した地震リスク対応型ファイナンスの借入枠1500億円でまかなうほか、新たな資金調達枠も検討している。財務基盤が盤石で将来性もあるオリエンタルランドであれば、貸し手はあまただろう。そのため、当面の資金繰りは問題なさそうだ。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ