NEW
木下隆之「クルマ激辛定食」

テスラ「モデルX」、驚愕の近未来的技術…ドアは自動開閉、吐き気がするほどの加速力

文=木下隆之/レーシングドライバー
【この記事のキーワード】

, , ,

テスラ「モデルX」、驚愕の近未来的技術…ドアは自動開閉、吐き気がするほどの加速力の画像1
テスラ「モデルX」

 鬼才な起業家であるイーロン・マスクが立ち上げた自動車メーカー、米テスラが製造する自動車には、驚くほどの先進的な技術が詰め込まれている。これまでのクルマづくりの常識をことごとく覆し続けている。

 今回も筆者は「こんな妙なつくり方ある?」と半信半疑で試乗を開始したのだが、次第に「これはアリだね」と納得させられてしまった。

 試乗した「モデルX」は、大容量のバッテリーを搭載したEVモデルで航続距離は長く、ガソリンモデルに匹敵する507km(WLTPモード)を誇る。動力性能は桁外れであり、7人乗りのSUV(スポーツ用多目的車)の常識を超越する。0-100km/h加速は2.8秒というから、世界のほとんどのスーパーカーよりも鋭いスタートダッシュを披露するのだ。

 行政が許すならば、今日からでも自動運転走行が可能だ。ボディのそこかしこに組み込まれたカメラと超音波センサーが、常に360度監視している。衝突を避けながら、目的地に到達する技術がすでに仕込んである。

 すべての動作を管理するCPUは、日々アップデートされる。購入してから売却するまで劣化することはあれど進化することがないという自動車の常識を覆す。テスラの本社はシリコンバレーだ。つまり、パソコンの発想なのである。

 たとえば、このモデルXは、全長5037mmという「Lクラス」に匹敵する長さがあり、全幅は2070mmもある。しかも全高は1680mmという、ほぼミニバン然とした堂々のボディは、目の前にするとさすがに威圧感がある。駐車スペースを探すのも一苦労というサイズなのだ。

 それにもかかわらず、2.5トンのボディを2.8秒で時速100kmまで加速させる。うっかりアクセルペダルを踏み込むと、吐き気がするほどの加速を見舞う。そもそも、それほどの加速が必要なのかという議論は次回に譲るとしても、腰を抜かすほどの仕掛けがそこかしこに潜んでいるのだ。

緻密な制御が施されたドアの開閉

テスラ「モデルX」、驚愕の近未来的技術…ドアは自動開閉、吐き気がするほどの加速力の画像2

 ボディに歩み寄れば、それだけで自動でドアが開く。ドライバーが着座してブレーキペダルを踏み込めば自動でドアが閉まる。だがそれらは、イーロン・マスクの、ユーザーをドッキリさせたいだけの遊び心で開発されたわけではない。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ