NEW
鬼塚眞子「目を背けてはいけないお金のはなし」

払う保険料総額が50万円近くアップ?高利回りで人気の「米ドル建て保険」改定の動き

文=鬼塚眞子/一般社団法人日本保険ジャーナリスト協会代表、一般社団法人介護相続コンシェルジュ協会代表
【この記事のキーワード】

, ,

払う保険料総額が50万円近くアップ?高利回りで人気の「米ドル建て保険」改定の動きの画像1
「Getty Images」より

 新型コロナウイルスのパンデミックによる世界的な景気の悪化は、海外金利の低下を招きました。3月にアメリカの中央銀行であるFRB(連邦準備制度理事会)がゼロ金利政策などの金融緩和策を発表したことで、保険業界では外貨建て保険の販売休止や保険料の値上げが取り沙汰されていました。すでに日本生命では3月16日から外貨建て保険の一部を販売休止しています。

 そんななか、メットライフ生命、プルデンシャル生命(無告知型除く)、ジブラルタ生命の“ドル建て”保険が8月から保険料の改定を行う予定であることがわかりました。

保険料改定がやむを得ない事情

 外貨建て保険とは、円で払い込んだ保険料を、米国ドル・ ユーロ・豪ドル、カナダドルといった外国通貨で運用する保険です。円で運用するより高い金利が期待されるとあって、近年、人気が高まっていました。今や種類も終身保険、年金保険、介護保険などとバリエーションも増えています。

 もともとは外資系生保を中心に発売されていた外貨建て保険ですが、低金利時代に呼応して国内大手生保でも発売するようになり、各社ともに通貨の選択ができますが、主流は米国ドル建て保険のようです。

 そもそも今回の米国ドル建て保険(以下、ドル建て保険)の保険料改定は予定利率の見直しによるものです。予定利率とは、一言でいうなら運用利回りです。このため同じ商品でも予定利率が高ければ保険料は安くなり、予定利率が低下すれば保険料も値上がりするという図式となります。

 私見ながら世界通貨であるドル建て保険発売の一時休止や保険料改定の流れになるのは、やむを得ないと考えます。6月にFRBが金融緩和策の維持を決定したこと、新型コロナウイルスの終息宣言の兆しも見えず、また宣言されたとしても景気の回復が期待できないなどの背景を抱えているなか、保険会社の使命は業務を健全に運営し、お客様の契約を守り続けることにあるからです。

依然として高い利率

 さて今回、少なくともメットライフ生命の「USドル建終身保険ドルスマートS」は8月1日から、プルデンシャル生命(無告知型除く)およびジブラルタ生命の米ドル建て商品は8月3日から料金改定を予定しています。商品によって若干差が出てくるでしょうが、筆者独自の調査では、総じて予定利率は現状よりメットライフは0.5%ダウン、他の2社は0.7ポイントダウンの2.5%前後に落ち着き、保険料は約2割の値上げになるのではと予測しています。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ