『アンサング・シンデレラ』、現役薬剤師も「非常にリアル」と称賛…楽な仕事との誤解の画像1
「アンサング・シンデレラ 公式サイト」より

「医者の処方箋通りに薬をとるだけの楽な仕事」「薬を袋に詰めるだけの仕事」――。そんなふうに薬剤師を揶揄する言葉も聞かれるが、実際には薬剤師の仕事は複雑だ。医療業界をテーマにしたドラマは数あるが、そのなかでスポットライトが当たることが少ない薬剤師を描いた新ドラマ『アンサング・シンデレラ - 病院薬剤師の処方箋 -』(フジテレビ系)は、観る人にとっても新鮮だろう。

 ドラマのなかで、もっともリアルに描かれているのが、「調剤室」でのやりとりだ。薬剤師が医師の処方箋を基に薬の調剤をする前にすることが、いくつかある。処方箋の記載事項(患者情報、保険、薬の処方内容)に間違いがないかを確認し、間違いがあればドラマのなかでも描かれていたように「疑義照会」を医師に対して行う。どんなに明らかな誤りでも、薬剤師が医師に照会せず変更することはできない。

「1日に発行される全国の処方数は220万枚、そのうち6万枚を超える処方箋に疑義照会がかけられている。しかも、そのうちの7割が処方変更。つまり、修正が必要な処方箋が1日に4万枚」とドラマでも示しているように、薬剤師の担う役割は大きい。

 どんなケースが疑義照会になるかというと、薬の用量・用法の間違い、保険適用外の処方、処方制限のある薬にもかかわらず制限を超えている場合、薬の重複など、さまざまである。疑義照会に答えることは医師の義務でもあり、スムーズに対応する医師がほとんどだが、ドラマのなかの医師のように、「そんなことでいちいち連絡するな!」などと横柄な態度を取る化石のような医師も一部いることは否定できない。

 医療現場のなかで薬剤師の地位は決して高いとはいえず、筆者も薬剤師として27年のキャリがあるが、医師から「薬剤師の分際で余計なことを言うな」との言葉を浴びせられた経験がある。しかし、そんな経験も今は昔で、ドラマのなかで「薬剤師の気づきで患者を救った」と感謝の言葉を述べた医師がいたように、現在は“チーム医療”という概念が多くの医療現場で定着している。医師といってもその人間性はさまざまで、ドラマでは医師と薬剤師の関係性や日常が非常にリアルに描かれていると感じる。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ