NEW
南清貴「すぐにできる、正しい食、間違った食」

新型コロナ、ワクチンや治療薬を待つのは非合理的…感染を防ぐのは不可能、免疫を高めよ

文=南清貴/フードプロデューサー、一般社団法人日本オーガニックレストラン協会代表理事
【この記事のキーワード】

, , ,

「Getty Images」より
「Getty Images」より

 東京をはじめ名古屋、大阪、博多でも、地下鉄などに乗ると、すべての乗客がしっかりマスクをし、誰とも話さず、ほぼ全員がじっとスマホと向き合っています。その光景が、もうすでに異常です。

 筆者は外を歩く時はマスクをしないため、電車に乗ってもうっかりマスクをし忘れることが、ままあります。どこからともなく視線を感じ、はっと気づいて、慌ててマスクをするにはするのですが、どっちみち効果がないということがわかっているので、また次の機会には忘れてしまうこともあります。

新型コロナ、ワクチンや治療薬を待つのは非合理的…感染を防ぐのは不可能、免疫を高めよの画像1

 いらぬトラブルは避けたいので、効果があるなしにかかわらず、マスクくらいはしようとは思っているのですが、なかなか徹底できません。トイレで用を足した時とか、家に帰った時には念入りに手を洗いますが、これは飲食業を営んでいた時の癖で、ことさら感染症予防のためにしているわけではありません。

 言い方に気を付けなければなりませんが、はっきり言ってウイルスから完全に逃れることはできません。いかにソーシャル・ディスタンスをきちんととろうとも、手洗い・うがいを励行しようとも、換気をし続けようとも、そしてマスクを着用しようとも、ウイルスから完全に身を守ることはできません。無駄とは言いませんが、予防効果についてはあまり期待しないほうがいいでしょう。

 メディアでは、ワクチンや治療薬ができなければ打つ手がないので、上記のような予防策を講じようと言っていますが、それらの手段はすべてウイルスにとっては敵とはなりえません。

 ウイルスにとって最大の敵は、人間の免疫力です。ウイルスを恐れて感染しないように手立てを加えるより、もしかしたら、いつかどこかで感染することを前提として、それでも重症化することのないように工夫をしたり備えたりするほうが合理的なのかもしれません。

免疫力を高める方法

 COVID(コビット)-19に関していえば、病原性という点ではSARS(重症急性呼吸器症候群)や、MERS(中東呼吸器症候群)のウイルスよりは弱いというのが定説になりつつあるようです。この3つともコロナウイルスが病原体で、COVID-19はかなりSARSに近いようですが、感染力という点ではSARSやMERSよりも強いと考えられています。ウイルス感染は、ご存じのように飛沫感染、接触感染、空気感染がありますが、これを完全に防ぐことは至難の業です。ほぼ無理と考えたほうがいいでしょう。

 ではどうするべきか。その答えは、「自分の免疫力を高める」です。免疫力を高める方法は、ただひとつ。食事の内容をレベルアップする。これのみです。言うまでもないことですが、レベルアップするというのは、高級な食材を使うことでもなければ、高級なレストランで食事をすることでもありません。よく、十分な睡眠をとるとか、適度な運動をするとも言われますが、そしてこれらはとても重要なことではあるものの、免疫力を高めることには役立ちません。ただ、高まった免疫力を維持することはできます。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ