日本ペイント、史上最大の奇策成功…海外大手に買収されたかに見せかけて“逆に買収”の画像1
日本ペイント株式会社 HP」より

「ケンカまさ」の異名をとる元バンカーで日本ペイントホールディングス(HD)の田中正明会長兼社長兼CEO(最高経営責任者)が一世一代の大勝負に出た。「名を捨てて実を取る」M&A(合併・買収)大作戦を敢行した。

 日本ペイントHDは8月21日、シンガポール塗料大手、ウットラムグループの子会社になると発表した。日本ペイントは素材の大手企業として初めてアジア企業の軍門に降る。ウットラムが第三者割当増資を引き受け、日本ペイントへの出資比率を現在の39.6%から58.7%へ引き上げる。同時に、両社の塗料事業を統合し、日本ペイントに集約するという二段構えの買収劇だ。

 具体的には、日本ペイントが増資で得られた1.3兆円を使い、ウットラムとのアジアの合弁会社10社を完全子会社とする。ウットラムのインドネシア子会社も約2000億円で買収する。2021年の完了を目指す。

「買収したのはこっちだ」と怪気炎

「日本ペイントがウットラムに買収される」「日本の大手企業がアジア企業の傘下に入る」とメディア各社は、一斉に報じた。ところが、田中会長は、そんな見方を一蹴する。「このM&Aのスキームを考案したのは自分だ」と自慢げに語る。

 M&A劇を再現するとこうなる。「そろそろやりませんか」。5月中旬、テレビ電話で田中氏が切り出すと、ウットラムグループのゴー・ハップジン代表は「ぜひやりましょう」と応じたという。「買収したのはこっちだ」。田中会長は、日経ビジネス電子版(8月27日付)のインタビューで、こう胸を張る。

 田中氏の主張に沿えば、日本ペイントHDは自己資金をほとんど使うことなく、ウットラムとの合弁だったアジア事業(日本ペイントHDが51%、ウットラムが49%出資)を完全に買収できる。つまり、ウットラムとの合弁会社の買収資金をウットラムから調達したということになる。日本ペイントHDは好調な合弁事業を完全に取り込むことで利益を大幅に増やすことができる、との筋書きだ。アジア事業を完全に取り込むには1兆円を超す巨額な資金が必要になる。

「銀行から借りる案も考えました。金利は今、確かに安いですが、全部借りると債務超過になってしまいます。また公募増資はこういう株式市場の環境で実施すると(日本ペイント株が投機筋の)おもちゃになりかねない。(中略)公募増資でいくら調達できるかという懸念(不安)もありました」(「日経ビジネス」<日経BP社>より)