任天堂、驚異的な増収増益で“繁栄”再来…スイッチ・PS5効果でゲーム業界が空前の活況の画像1
ニンテンドースイッチ(「Wikipedia」より)

 任天堂の業績は絶好調だ。2020年4~6月期連結決算は売上高が前年同期の2.1倍の3581億円、最終利益は6.4倍の1064億円と驚異的な増収増益となった。株価は急騰。9月3日に年初来高値の6万1300円をつけ、株式時価総額は8兆713億円。年初来安値(3月13日)時点と比べ1.9倍となった。

 新型コロナウイルスの影響で多くの業界が苦境に陥るなか、「巣ごもり需要」をとらえたゲーム業界は絶好調だ。

 任天堂は家庭用ゲーム機ニンテンドースイッチ用のゲームソフト「あつまれ どうぶつの森(あつ森)」が3月の発売以降、世界的に大ヒットした。無人島に移住したプレーヤ―が動物たちとの暮らしを楽しむプレー動画は会員制交流サイト(SNS)で発信され、イタリアのファッションブランド「ヴァレンティノ」などとのコラボレーションにも発展。新型コロナ禍を自宅で過ごす人々の心をとらえた。米大統領選でバイデン陣営の選挙運動に「あつ森」が登場した。家庭用ゲーム機では、2017年に発売された任天堂の「ニンテンドースイッチ」が「あつ森」のヒットで、国内の販売台数が累計1500万台を突破した。

プレイステーションPS5が発売

 巣ごもり需要の恩恵はゲーム機各社に及ぶ。ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は「プレイステーション(PS)5」を日本や米国など7カ国で11月12日に発売する。通常版の価格は税抜きで4万9980円、ダウンロード専用機は3万9980円。廉価版の投入でユーザーの間口を広げ、販売拡大につなげる。7年ぶりのモデルチェンジである。

 ソニーは21年3月期の営業利益を6200億円と予想しており、4割をゲーム事業で稼ぐ腹積もりだ。

 ゴールドマン・サックス証券は「PS5効果で25年3月期のゲーム事業の営業利益は6000億円を超える」とし、ソニーの目標株価を1万3100円とした。8月17日に約19年ぶりとなる8920円の高値をつけ、足元は8000円前後だ。25年3月期には21年同期のゲーム事業の利益の2.4倍となると試算している。

 13年11月に発売した「PS4」は翌年3月までの4カ月間で760万台を売り切り、今年6月末までの累計で1億1210万台を販売した。「PS5」はこれを上回る数字を期待している。成功のカギを握るのは初めて投入するダウンロード専用機だ。データの読み込む速度は「PS4」の100倍とされる。場面の切り替えに時間をかけずにゲームを楽しめる。

 PSは399.99ドル(3万9980円)が普及に欠かせない値段なのだ。「PS4」は開発にあたった最初に399ドルと価格を決めたほど。今回も399ドルを踏襲した。「PS5」は発売と同時に予約が殺到し、先行予約できた人がインターネットの販売サイトに40万円の値付けをして転売を試み、大騒ぎになった。

関連記事