【完了】バッハIOC会長も苛立ち…広がる東京五輪懐疑論、日本全体を覆うもうどうでもいい感の画像1
医療用マスクをつけて会見するIOCのバッハ会長( Du Xiaoyi-Pool/Getty Images)

 国際オリンピック委員会(IOC)トーマス・バッハ会長が16日、来日し、菅義偉首相や東京都の小池百合子知事、東京オリンピックパラリンピック競技大会組織委員会の森喜朗会長らと会談し、来年の夏の開催を再確認した。「観客を入れての開催」に関しても、バッハ会長から一定の言質が取れたこともあり、政府関係者も胸をなでおろしつつある。だが、一部の観光、宿泊業者からは「事実上、東京五輪は失敗に終わった。もう、好きにすればいい」と冷めた声が聞かれる。

バッハ会長、都庁で五輪反対派と遭遇

 会談後、森会長と共同記者会見をしたバッハ会長だったが、終始不機嫌そうな雰囲気を醸し出していた。というのも、東京都庁の前でバッハ会長は五輪開催に抗議する市民団体に遭遇していたのだ。なぜか大手メディアの会見録では削除されているが、会見でこの件について聞かれたバッハ会長は、不機嫌を隠そうともせず、次のように語った。

「(反対派の)3人が待機していた。私に対して声をあげていたので、対話をはかろうとした。彼らが何を言いたいのか耳をかたむけたいと思った。対話を持ちかけたのだが、受け入れてくれなかった。彼女(抗議者)が何を求めているのか、説明はなかった。ただ叫んでいるだけだった」

 外務省関係者は次のように話す。

「バッハ会長をはじめ、IOCの幹部はここ数年、開催地の『五輪反対』運動の存在に頭を悩ませてきました。ブラジル・リオデジャネイロ五輪などを見ればわかりますが、反グローバル主義者や過激な環境保護者主義者が大量に開催地にやってきたり、もともと開催国特有の経済格差や政情不安があったりして地元住民の反対運動が激化することがしばしばありました。そういう事態が発生するたび、IOC幹部は今回のバッハ会長のように『反対のための反対運動が行われている。議論に値しない』との認識を示してきました。

 IOCにとって、日本は非常に安全な開催地でした。少なくとも新型コロナウイルス感染症が蔓延するまでは、経費などに関して多少の疑問点はあっても、アスリートファーストの大会開催に異論を唱える国民はほとんどいませんでした。国民が開催に好意的で、開催地の政情が安定していればスポンサーからの出資も集めやすく、IOCにとって最適な開催地だったわけです。しかし、バッハ会長は今回の来日で、これまでの雰囲気との変化を感じ取ったのかもしれません」

 一方、同日の会見でバッハ会長が「来年の大会時にはスタジアムに観客を入れることに確信をもつことができた」と発言したことに、喜びを隠せない政府関係者もいた。