NEW
松岡久蔵「空気を読んでる場合じゃない」

トヨタ社長、マスコミを「秘密警察」呼ばわり…筋違いな批判を一方的に展開、世論を誘導

文=松岡久蔵/ジャーナリスト
【この記事のキーワード】

, ,

トヨタ社長、マスコミを「秘密警察」呼ばわり…筋違いな批判を一方的に展開、世論を誘導の画像1
トヨタ自動車の豊田章男社長(写真:AFP/アフロ)

「この国は悪口を言う、秘密警察のごとく、あの人こんなことしてたよという報道ばかりになってしまうと非常に危惧しております」――

 トヨタ自動車豊田章男社長がまたまたご乱心ぶりを披露した。東証一部上場企業社長にして、日本を代表する自動車業界ナンバーワン企業のトップがメディアを「秘密警察」呼ばわりするのは前代未聞だろう。

 冒頭の発言は17日午後に報道関係者向けに開かれたオンライン懇談会でのこと。この懇談会は日本自動車工業会会長としての立場から、政府が最近発表した2050年までに温室効果ガスを実質ゼロにする「カーボンニュートラル」についての自工会の方針を示すことが目的だった。それが「電動化=電気自動車(EV)化という浅い認識をマスコミと政治家が広げている」というアキオ劇場が急に展開され、参加者したメディア関係者は戸惑ったという。全国メディア記者の弁。

「今回は自工会会長として発言するのかと思いきや、いつもの自説を一方的に話し始めたので驚きました。確かにトヨタをはじめ日本の自動車業界はEVだけでなく、ハイブリッド車、プラグインハイブリッド車、燃料自動車といった電動化にカウントされる車種がフルメニュー揃っている唯一の国で、EV化を単純に進めるのは雇用の喪失などにつながるのは理解できます。

 ただ、新聞や各メディアの論調はむしろ『EV以外もカウントに含めないと目標達成は厳しい』というものがほとんど。豊田氏のメディア嫌いは有名ですが、きちんと理解せずに批判するのはさすがに違うだろうと思いました」

 筆者は11月8日の記事11月28日の記事で、豊田氏のメディア嫌いが異常な域に達していることを報じた。前回の2つの記事とは違い、今回は自工会会長という業界の代表としてオンレコで取材に応じた上での出来事。にもかかわらず、自らの偏見に基づいた主張を遠慮なく述べるのは「トヨタこそが業界の盟主だ」と開き直った上での蛮行だといわざるを得ない。

コロナ禍でのデマと報道を同レベル扱い

 公平を期すため、冒頭の豊田氏の発言の前後の部分をご紹介しよう。

「あたかも自分たちがニュースをつくっていくんだということで、マスコミ各社が対立軸をベースにものを書かれると、やはりこうなってしまうと思われます。どれだけ明日の朝刊で批判していただいても結構ですけど、要は一生懸命、雇用も増やし、税金も納め、もっと良くしようという従業員などステークホルダーがいます。そういう人を応援できるような報道、形がないとこの国は悪口をいう、秘密警察のごとく、あの人こんなことしてたよという報道ばかりになってしまうと非常に危惧しております。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合