NEW
大崎孝徳「なにが正しいのやら?」

菅首相、法的根拠なく携帯料金値下げ要求の愚…KDDI社長「国に決める権利はない」と批判

文=大﨑孝徳/神奈川大学経営学部国際経営学科教授
【この記事のキーワード】

, , , , ,

菅首相、法的根拠なく携帯料金値下げ要求の愚…KDDI社長「国に決める権利はない」と批判の画像1
菅義偉首相(「Getty Images」より)

 菅義偉首相は官房長官時代から「携帯電話料金は4割引き下げる余地がある」と発言するなど、携帯電話料金の引き下げに強い関心を示しており、内閣総理大臣に就任後は政権の公約にも掲げている。具体的には、4割値下げに相当する「大容量プランで月5000円以下」を目指しているとのこと。

 平成29年に実施された「電気通信サービスに係る内外価格差調査」(総務省)では、東京、ニューヨーク、ロンドン、パリ、デュッセルドルフ、ソウルと、6つの都市における携帯電話などの利用料金について比較調査が行われている。スマートフォンの利用に関して、各都市におけるもっともユーザーシェアの高い事業者(メインブランド)の料金プランの比較では、東京の支払額は2GB、5GB及び20GBプランのいずれにおいても高水準であり、とりわけ20GBのプランは8642円ともっとも高額となっている。東京と同じく高額なニューヨークを除くと、4割値下げによる5000円以下という価格は他の都市と同程度になる。

 こうした首相の意向を踏まえ、総務省より「モバイル市場の公正な競争環境の整備に向けたアクション・プラン」が10月に公表された。まず、このアクション・プランの基本的考え方として、「携帯電話は生活必需品となり、国際的に遜色がない水準で国民・利用者にとってわかりやすく納得のできる料金・サービスの実現が必要」と謳われている。

 また、具体的な取り組みとして、第1の柱「わかりやすく、納得感のある料金・サービスの実現(→利用者の理解を助ける)」、第2の柱「事業者間の公正な競争の促進(→多様で魅力的なサービスを生み出す)」、第3の柱「事業者間の乗換えの円滑化(→乗換えを手軽にする)」という3点が指摘されている。

携帯電話通信事業者の対応

 こうした政府の方針に対して、携帯電話通信事業者は実に素早く対応している。10月28日、KDDIとソフトバンクは新料金プランを発表した。まず、KDDIはサブブランドのUQ mobileにおいて、20GBのデータ通信が月額3980円で利用できる「スマホプランV」を投入した。一方のソフトバンクはサブブランドのワイモバイルで、データ通信量20GBを月額4480円で利用できる「シンプル20」の投入を発表した。UQ mobileより高価格となっているが、1回当たり10分間の定額通話がついている。

 さらに、12月3日にNTTドコモが発表した新ブランド「アハモ」では、5Gにも対応したデータ通信20GBと5分以内の通話セットが月額2980円と、驚きの低価格となっている。この価格は、新規参入した楽天モバイルと同額である。確かに楽天モバイルには通信量無制限という強みはあるものの、通信インフラ整備の劣勢などを考慮すると、アハモは大きな脅威となるだろう。

『「高く売る」ためのマーケティングの教科書』 プレミアム商品やサービスを誰よりも知り尽くす気鋭のマーケティング研究者が、「マーケティング=高く売ること」という持論に基づき、高く売るための原理原則としてのマーケティングの基礎理論、その応用法、さらにはその裏を行く方法論を明快に整理して、かつ豊富な事例を交えて解説します。 amazon_associate_logo.jpg
RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合