NEW
松岡久蔵「空気を読んでる場合じゃない」

横浜・林市長、コロナ禍でもカジノ建設ゴリ押し…住民投票を否決、民意を無視し騙し討ち

文=松岡久蔵/ジャーナリスト
【この記事のキーワード】

, ,

横浜・林市長、コロナ禍でもカジノ建設ゴリ押し…住民投票を否決、民意を無視し騙し討ちの画像1
中谷一馬衆議院議員

「新型コロナウイルスの感染が拡大し、終息の見通しが立たないなかで、不要不急の三密事業であるカジノ誘致を民意に反して強行するなんてどうかしている。今、優先すべきは、どう考えても“カジノ誘致”より“コロナ対策”だろう」――。横浜市港北区・都筑区を中心に活動する立憲民主党の中谷一馬衆議院議員はこう憤る。

 横浜市会は8日の臨時会本会議で、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)誘致の賛否を問う住民投票の実施条例案をたった3日の審議で否決した。最大会派「自民党・無所属の会」と「公明党」が住⺠投票には反対し、市はこれまで通り誘致に向けた準備を進めていく方針だという。

反対世論多数も騙し討ち

 カジノ建設の是非を住民投票に問う動きが出ること自体、反対が多かったということだ。2017年7月の横浜市長選当時、共同通信社の出口調査の結果では、61.5%の人が誘致に反対で、誘致に賛成の人はわずか16.3%だった。横浜市が2018年に募集したパブリックコメントでも94%が否定的で、市⺠の反対多数は明らかだった。

 3期目の当選がかかっていた林文子市長は、当初は「持続的な発展のために必要」と前向きな姿勢を示していたものの、地元企業グループや市民団体からの反発を受け、2017年7月の市長選を前に「白紙状態」であることを宣言。選挙での争点化を避けて、当選を果たした。

 その後、林氏は議会で「白紙から態度を決める場合は市民の声を聞く」と明言した。それにもかかわらず、2019年4月の統一地方選挙、2019年7月の参議院議員選挙を終えた直後の2019年8⽉、それまでカジノの争点化を避け続けていた政府与党と共に、騙し討ちの形でIR誘致の意向を表明した。

「林氏による表明は、2019年の国会においてカジノ管理委員会が設置されるという状況にせかされ、横浜市民に対して十分な説明責任を果たさないまま、カジノ誘致を強行しようとする不誠実極まりないものでした。私は政治家として、林⽒が平然と市⺠を欺き、嘘をつき続けていることに対して⼼の底から軽蔑します。⼀横浜市⺠としても、市⺠の切実な想いを露⾻に無視をして、⼀部の利権者の意向を尊重しようする姿勢に怒りを禁じ得ません」(中谷氏)

地元民意より菅首相の顔色ばかり窺う林市長

 危機感を持った多くの市民により市民団体「カジノの是非を決める横浜市民の会」が結成され、IR誘致の賛否を問う住民投票を目指し、住民投票条例制定の直接請求に必要な約6万2500人分の3倍以上となる19万3193筆の署名を集めることに成功した。これは、横浜市が明治22年(1889年)に市制施行されてから132年で最多の署名数だ。署名の提出を受けて林氏は横浜市会に住民投票条例案を提出した。冒頭の市会本会議での否決は、この流れの中のことだ。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合