『麒麟がくる』でユースケ・サンタマリアが演じた朝倉義景が朝倉家を滅亡させたワケの画像1
戦国時代の武将、朝倉義景画像(心月寺所蔵)。越前朝倉氏第11代にして最後の当主。(画像はWikipediaより)

 NHK大河ドラマ『麒麟がくる』でユースケ・サンタマリアが快演していた朝倉義景が、昨年12月13日放送回でついに死去した。そもそも朝倉家ってどんな存在だったのだろう。

但馬国(兵庫県)から出て、足利尊氏挙兵に馳せ参じ斯波氏傘下へ、越前国(福井県)で出世の端緒をつかんだ朝倉家

 朝倉家は日下部(くさかべ)氏の末裔で、但馬国(たじま/兵庫県北部)朝倉庄の出身だという。鎌倉幕府の有力御家人・足利尊氏が丹波国篠村(たんば・しのむら/京都府亀岡市)で挙兵した時、朝倉広景(ひろかげ)は隣国・但馬から馳せ参じ、足利一族の斯波高経(しば・たかつね)の傘下に組み入れられた。

 室町幕府ができると、斯波家は越前(えちぜん/福井県東部)、尾張(愛知県西部)などの守護大名に任じられた。朝倉家は斯波家にともなって越前に移り、足羽(あすわ/福井市)庄など数カ所の荘園の代官職・地頭職をあてがわれた。

 守護の下には守護代というナンバーツーがおり、斯波家の場合は甲斐(かい)家、織田家だった。朝倉家はまず甲斐家と婚姻関係を結び、次いで織田家と結んだ。織田家はもともと越前の織田劔(おたつるぎ)神社の神官だったが、斯波家に仕え、守護代になったのだという。

 朝倉家景(いえかげ)の姉妹が織田久長(ひさなが)に嫁ぎ、氏景(うじかげ)の妻が織田孫左衛門尉(まござえもんのじょう)の娘だというが、両者の関係はわからない。信長以前の織田家系図は混乱しており、信長の曾祖父が織田良信(すけのぶ)であることはほぼ間違いないのだが、その先は不詳であり、掲載の系図は一部想像である。

『麒麟がくる』でユースケ・サンタマリアが演じた朝倉義景が朝倉家を滅亡させたワケの画像2
朝倉家・織田家周辺の家系図(一部想像もあり)。

中興の祖・朝倉孝景の活躍により越前の守護へと駆け上がる朝倉家

 家景の子・朝倉孝景(たかかげ/1428~1481年)は、祖父にならったのか、初名を教景(のりかげ)といい、のちに斯波義敏から偏諱を受けたようで敏景(としかげ)と改名し、のちに義敏と対立したことから教景と改名、さらに孝景と名乗った。なんでそんな紛らわしいことをするのかなぁ。しかも、子どもに2人の教景がおり、曾孫が孝景という面倒臭さである。

 この孝景が、朝倉家中興の祖といってもいい人物である。

 応仁・文明の乱が起こり、足利将軍家、斯波家、畠山家などの有力守護大名が、細川勝元(かつもと)率いる東軍と山名持豊(もちとよ/号・宗全)率いる西軍に分かれて11年間も争った。

 この応仁・文明の乱の前哨戦で、朝倉孝景は西軍・斯波義廉(よしかど)軍に属し、縦横無尽の大活躍を遂げた。そこで、東軍の将軍・足利義政、管領・細川勝元は孝景を東軍に寝返らせ、文明3(1471)年に孝景を越前守護に任じた。

 越前守護に任じられたといっても、「ハイ、そうですか」と越前国内が納得するわけがない。孝景は旧主・斯波家と攻防を繰り広げたが、その途中で死去。孝景の子・朝倉氏景(うじかげ/1449~1486年)の代になって、ようやく越前を平定した。ここに至って、斯波家は越前統治をあきらめ、尾張に逃亡した。

RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合