『24 JAPAN』が唐沢寿明のムダ遣いで低視聴率なワケ…脚本と設定のあり得なさの画像1
ドラマ『24 JAPAN』が低視聴率にあえいでいる。テレビ朝日が壮大に製作してしまった荒唐無稽な“ポンコツ番組”で、唐沢寿明のムダ使いとの声も?(画像はテレビ朝日公式サイトより)

 2001年にアメリカで制作され、世界的に⼤ヒットしたテレビドラマ『24 -TWENTY FOUR-』シーズン1(以下、原作)を、唐沢寿明仲間由紀恵栗山千明らの出演で日本に置き換えたリメイク版『24 JAPAN』が、低視聴率にあえいでいる。2020年10月より「テレビ朝⽇開局60周年記念」として放送されてるこの番組にハマっている⼈があまりいないことは、twitter上での関連ツイートが少ないことからもわかる。

 今回のリメイクに当たり、原作を改変せずに忠実にトレースすることが制作者サイドに求められたとされる。ただし、時代と舞台が異なるので多少のアレンジは加えられている。例えば、原作ではアメリカ合衆国で初のアフリカ系アメリカ人の大統領候補の暗殺計画がストーリーの軸になっているが、日本版では、初の女性総理大臣候補(仲間由紀恵)の暗殺計画に置き換わっている。また、通信機器として人々が用いているのは、2001年にはなかったスマートフォンである。

 その条件がプラスに働いたのかマイナスに働いたのか、残念ながら『24 JAPAN』は、緻密に計算された脚本が視聴者を引きつけ、毎回伏線が見事なかたちで回収され、まさかのサプライズの連続でハラハラ・ドキドキが連鎖する……といった要素がふんだんに盛り込まれたドラマにはまったく仕上がっていない。それが、今回の低視聴率や、“流行ってない感”に反映されているのだろう。

 明らかにサスペンスドラマとしては、かなりポンコツな作品である。しかし、荒唐無稽すぎてツッコミどころ満載の作品をテレ朝が大真面目に製作してしまった……そのような“やらかし作品”……と捉えてみれば、愛情がわいてこなくもない。

 そこで本稿では、まだまだ続く『24 JAPAN』を楽しむために、そのツッコミどころを4点ほど紹介してみたい。

ツッコミどころ1▶脚本がいろいろと前時代的である

 原作は2001年の作品だが、『24 JAPAN』は現在の日本が舞台になっている。20年経てば、人々の生活、価値判断基準も変わっている。また、インターネットや携帯電話の進化で、かつては困難だったことが今は容易であることも多い。ところが、昭和期にテレ朝系の人気刑事ドラマ『特捜最前線』でメインライターを務めた長坂秀佳(79)が手掛けた脚本は、そのギャップを埋められずにいる。

 たとえば第1話では、10代と思しき女性の“予定表”に同年代の友人(女性で両親と同居)の自宅の電話番号がメモしてある……という設定がある。スマホ時代の若者が、実家住まいの友人の家電番号を必要とするだろうか? そもそも、その“予定表”とはなんなのか? 夏休みの小学生か?
 
『24 JAPAN』の主人公(唐沢寿明)は、24時間体制で稼働する“テロ対策ユニット”「CTU」の本部に勤務している。そして、主人公の妻(木村多江)は、CTUの本部に直接電話をかけて、電話に出た夫の同僚職員(栗山千明・朝倉あき)と「主人はいますか?」→「いま、外出中です」といったやりとりをしている。まるで『サザエさん』の世界なのである。

 第15話でも、木村多江は急を要さないある家族内のニュースを伝えるため、CTUの固定電話に電話をして、応対した職員(池内博之)に「主人はいますか?」とやっている。1日のうちでこれが3度目。『サザエさん』でもあり得ない展開だ。

 そもそも、国家的機密情報を扱う特務機関が、単一部署の電話番号を公開するものだろうか? 公開するにしても、それは代表番号だろう。

 情報漏えいが絶対に許されないはずのテロ対策ユニット・CTU本部で、職員がスマホで外部と個人的な連絡をとっている。現在なら実際にはそのような空間への個人スマホ持ち込みは厳禁で、仮に業務上スマホ所持が必須だとしても、それは職場が支給したものであるはずだろう。そのあたりの描き分けもなされていないので、CTU本部の情報管理システムがユルユルに見えてしまうのだ。劇中でも実際にユルユルで、栗山千明は木村多江に電話で「緊急なの」と頼まれて、CTUだからこそ知り得る一般市民の個人情報をあっさり漏らしている。原作にも出てくるシーンだが、2020年代にそれはダメだ。

 こんなシーンもある。世界的に活躍するカメラマン(前川泰之)が、国際線のファーストクラスでCAを呼び止めて「すいません、あとどれくらいで到着しますか?」と質問している。いやいや、世界的に活躍していたら、到着時刻は座席の前にあるディスプレイに表示されていることは知っているだろう。しかも、そのカメラマンは飛行中の機内でスマホを取り出し、「これから行きますのでヨロシクです!」的な電話をクライアントにかけている。あり得ない。ちなみに原作ではこの場面で、2001年時点では各シートに設置されていることもあった有料機内電話が用いられていた。

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合