2021年1月31日、“ピッチが終わった”。

 ソフトバンクのサブブランド、ワイモバイルによって日本国内で唯一展開されていた簡易型携帯電話、PHSのサービスが、この日をもって終了したのだ。

 今回のPHSの終了自体はメディアでも報じられたが、Twitter界隈では、サービス終了直前の“泣ける出来事”もちょっとしたバズりをみせた。PHSの最期に、『一杯のかけそば』のような(?)を感動の涙をもたらしたこの“ちょっとイイ話”について、ワイモバイルを運営するソフトバンクに話を聞いた。

PHSユーザーに届いた「お別れのメール」でTwitterが感動の嵐に

「1月29日に、PHSのメールアドレスのあるお客さま全員に、メールを配信しました。これが最後のPHS向けのメールとなるため、長年ご利用いただいた皆さまへ、お別れと感謝を伝えたいというのが、このメールを配信した理由でした」(ソフトバンク・PHSサービス担当氏)

 そのメールこそ、1月29日にTwitterユーザーの間で話題となったもの。東京都内在住だという50代のTwitterユーザー「けろ山」(@keloyama)氏が、「先ほど、PHSからお別れを告げるメールが届いた。あまりにも悲しすぎる」という文章と共に、PHSの画面を映した画像を添えて投稿したのだ。

 その画面には、

Subject:ありがとうさようなら(あと2日)【Y!mobile】
「あと2日でPHS開始から25年の歴史が終了いたします」
「長年のご利用に心より感謝いたします。ありがとうございました」

 という、哀切なる文章が。この投稿をきっかけにTwitter上では、「PHS、懐かしすぎるし泣ける」「ピッチなんて呼ばれてたよね、寂しくなるな」といった声が殺到。さらには、PHSにまつわる思い出話や、東日本大震災時の被災地で、携帯は全社不通になるなかPHSだけは使えた――といったエピソード等々、インフラとしてPHSが果たしてきた役割について思いを馳せる投稿も出現し、まるで往年のロックスターが亡くなってしまったかのような雰囲気に包まれたのであった。

 このようにTwitter上で盛大にバズったことに関してもソフトバンクの担当氏は――

「我々の感謝の気持ちが伝わってよかったという思いと、PHSとの別れを惜しんでくださる皆さまの気持ちが本当にありがたく、ここまでPHSのサービス提供をがんばってきてよかったなあ、としみじみと思わせていただきました」
 
 と、感激のご様子。確かに、現在40代以上の読者諸氏ならば「若い頃はピッチを使っていた」という方もおいでであろうが、30代以下、特に20代以下の若年者にとっては、「2000年前後にケータイとピッチが覇を争っていた」ことなど、遠い昔の歴史の1ページに過ぎないことであろう。

RANKING
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合