世界市場シェア90%…「浜松ホトニクス」に学ぶべき“基礎研究重視”経営の重要性の画像1
「浜松ホトニクス HP」より

 静岡県浜松市を本拠地とする浜松ホトニクスは、知る人ぞ知る“光”の企業だ。同社は、光に関する独自の技術によって成長してきた。近年の業績を振り返ると、2018年9月期まで同社の営業利益は医療用機器や産業機器需要の高まりによって増加基調で推移した。その後、中国経済の減速や米中の通商摩擦の激化、さらには2020年春先以降の新型コロナウイルスの感染発生によって、同社の営業利益は2期続けて減益だ。

 現在の浜松ホトニクスの事業運営を確認すると、医療用、産業用、環境面などで同社が強みを持つ光電子増倍管などへの需要は回復し始めている。コロナショック以降、世界的に健康や医療への社会意識が高まったことや、世界経済のDX=デジタル・トランスフォーメーションの加速は業績の追い風だ。

 それに加えて、米中欧や日本が環境対策を重視していることも、同社の業績改善と拡大を支えるだろう。そうした潜在的な需要を確実に手に入れるために、浜松ホトニクスにとって光に関する基礎研究の重要性は高まる。それが、同社の光センサ技術や光半導体素子分野での競争力の向上を支えるだろう。それは、日本企業が取り組む次世代の高速通信技術の開発にも大きな影響を与えるはずだ。

光電子増倍管と光半導体素子分野での競争力

 浜松ホトニクスは、“受光(光を受けとる)”と“発光(光を発する)”に関する基礎的な研究を積み重ね、関連技術を生み出し、それに磨きをかけることによって需要を生み出してきた企業だ。その結果、同社は世界の“光電子増倍管”市場で90%のシェアを確保している。光に関する基礎研究を重視することによって、浜松ホトニクスは技術力を高めた。それが光電子増倍管分野での高い参入障壁になっている。

 光電子増倍管とは、光電効果(物質に光を照射したときに電子が放出されたり、電流が流れたりする現象)によって放出された電子を増幅させ、それによって高い感度を実現するセンサをいう。浜松ホトニクスは、光電子増倍管とレーザーなどの光源を組み合わせることによって、さまざまな計測技術を生み出してきた。

 まず、同社の光技術は自然科学分野での研究活動に欠かせない。もっとも代表的な技術は、ニュートリノの研究で知られるスーパーカミオカンデに設置された20インチ光センサだ。また、細胞や免疫に関する研究に必要なフローサイトメータ(細胞の構造などを調べる装置)にも同社の光電子増倍管とレーザー技術が用いられている。そのほか、食品工場での洗浄度の測定(衛生管理)や、工場などから排出される窒素酸化物(NOx)など大気汚染物質の測定にも同社の技術が用いられている。

RANKING
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合