セブン「おにぎり」消費期限2倍に延長で湧く疑問…実は保存料不使用、徹底した経営努力の画像1
セブン-イレブンの店舗

 セブン-イレブン・ジャパンの永松文彦社長は、昨年12月の毎日新聞の取材で、おにぎりの消費期限を現在の約18時間から最長で2日程度に延長することを明らかにし、大きな話題を呼ぶこととなった。 

 セブンにおいておにぎりといえば、競合他社に比べて美味とする意見も多く、まさに同社の看板商品のひとつといっても過言ではない。そんな商品の消費期限が従来の倍になるとあって、ネット上では好意的な意見のほかに、「保存料とかたくさん入れるのかな?」といった健康面での不安を心配する声も多く上がっている。

 そこでセブンの店舗経営指導員やディストリクト・マネージャーとして120店舗以上もの経営指導を行った経験を持つ、経営コンサルタントのBelieve‐UP代表、信田洋二氏に話を聞いた。

おにぎりの消費期限延長を決定したセブンの“決断”

 ずばり、今回の消費期限延長施策が可能になった背景には、何か特別な合成保存料の配合があったのだろうか。

「大前提として、そもそもセブンのおにぎりは合成保存料を含め保存料を一切使っていません。そして、今回の消費期限延長で急に合成保存料を付与するなんていう、顧客の信頼を著しく削いでしまうようなことはないと断言できます。

 消費期限を延ばせたのは、何も食品に対して特別な処理をしたからということだけではなく、食べられるのに短い期間で廃棄していたこれまでの生産過程の無駄を徹底的に省いたからだと思います。同時に、雑菌の混入を製造段階でさらに徹底して排除したことも大きいでしょうね。セブンの工場は現段階でかなり高い水準を確保していますが、そこにさらなる見直しをしたのでしょう。また、食品劣化の主な原因である酸化を防止するために、酸素をよりカットする新たな包装フィルムの開発などにも力を入れたようですね。

 ちなみにセブンが使っているのは、自然由来の食品として登録されている、食品の鮮度を保つ成分。具体的にいうとお酢やビタミンC系のものですね。セブンの保存料は、お弁当のご飯に梅干しを入れて日持ちをよくさせるという思考の延長線上にある、といえば多少好意的に捉えてもらえるでしょうか」(信田氏)

 信田氏は、今回の施策の背景としてセブン、ひいては飲食業界が長らく抱えている「食品ロス問題」があるという。

「日本の年間食品ロスは約600万トンにも及び、コンビニもその一角を担っています。ですが、セブンはこれまでに多くの食品ロス削減の取り組みを行なってきましたし、広くいえばコンビニ業界全体は昔からこの問題に強い問題意識を持っているんです」(信田氏)

RANKING
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合