NEW
湯之上隆「電機・半導体業界こぼれ話」

世界の車載半導体不足に拍車…ルネサス工場火災、3万人リストラとファブライト化の代償

文=湯之上隆/微細加工研究所所長
【この記事のキーワード】

, ,

世界の車載半導体不足に拍車…ルネサス工場火災、3万人リストラとファブライト化の代償の画像1
「ルネサス HP」より

呪われた車載半導体

 排気ガスで地球環境を悪化させ続けたクルマ産業に、神様が鉄槌を下したのではないか? そう思うほどに、たて続けに車載半導体の生産に不幸な事件や事故が起き、自動車産業に悪影響を及ぼしている。

 最初に車載半導体の供給不足が発覚したのは、2021年の年明けであった。その事情は次のとおりである(詳細は拙著記事)。

 昨年2020年に世界中で新型コロナウイルス感染拡大に伴う騒動が起きたため、3~8月にかけて自動車需要が“蒸発”した。そのため、車載半導体の売上高シェア1位のインフィニオン テクノロジーズ(ドイツ)、2位のNXPセミコンダクターズ(オランダ)、3位のルネサス エレクトロニクス(日本)などが、TSMC(台湾)への生産委託をキャンセルした。

 ところが、TSMCには世界中の設計専門の半導体メーカー(ファブレス)から生産委託が殺到しており、車載半導体のキャンセルの穴は瞬く間に埋まってしまった。その結果、昨年秋以降に自動車生産が回復し、車載半導体を再委託しようとしても、TSMCには受け入れる余裕がなくなっていた。2020年中の自動車生産は、需要が“蒸発”した時に生産された車載半導体の過剰在庫でなんとか賄っていたが、その在庫が尽きた2021年に大きな支障が出たのである。

 次に、米国のテキサス州に2月12日、突然の寒波が襲来し、Austin Energyが2月16日に計画停電を行ったため、同州にあるサムスン電子(韓国)、インフィニオン、NXPの半導体工場が停止した。この停電により上記の3社合計で、12インチウエハで月産11万5000枚の生産が止まってしまった。車載半導体はもちろんのこと、サムスン電子のロジック半導体の生産にも大きな被害が出た。

 さらにルネサス那珂工場が、2月13日に発生した福島県沖地震で被災し、約3時間停電して稼働が止まってしまった。この3時間の停電の影響は小さくないと思っている。そして、やっと復旧したと思ったら3月19日に、そのルネサス那珂工場の300mmライン(N3棟)で火災が発生した(図1)。半導体工場のこれほどの火災というのは前代未聞である。また、この火災の影響は甚大で、ルネサスの損失は約175~240億円になる見通しである上、地震や火災前の出荷状況に戻るには100~120日を要するという(楽観的過ぎやしないか?)。その結果、今年2021年4~6月に世界自動車生産が160万台減少するという試算もある(3月31日付日本経済新聞)。

世界の車載半導体不足に拍車…ルネサス工場火災、3万人リストラとファブライト化の代償の画像2

 この緊急事態を回避すべく、梶山弘志経済産業相が3月30日の閣議後会見で、台湾メーカーにルネサスの車載半導体の代替生産に関する協力を要請していることを明らかにした(3月30日付ロイター)。この台湾メーカーはTSMCであると思われるが、台湾では昨年からの少雨のために水不足が深刻化しており、TSMCの半導体工場が綱渡りの稼働を強いられている。

 もし、TSMCの半導体工場が止まれば、世界中のエレクトロニクス産業が壊滅的な影響を受ける可能性があるため、TSMCにとってみれば、出荷額に占める割合がたった3%しかない車載半導体などにリソースを割く余裕などないかもしれない。したがって、そもそも逼迫しているTSMCが、日本の要請を受け入れて車載半導体を生産してくれるかどうかはわからない。

なぜルネサスで火災が起きたのか

 このように、昨年から今年にかけて、コロナ騒動、寒波や地震による停電、前代未聞の火災、少雨による水不足と、これでもかこれでもかと車載半導体の生産に支障が出ている。そのため、冒頭で「神の鉄槌」と書いた通り、排気ガスで汚染され続けた地球の神様が、「もうクルマをつくるな」と怒っていると思いたくなるのである。

 しかし、上記のなかでルネサスの火災だけは、自然災害とは関係がない事故である(コロナも現時点では人為的な事故の可能性は否定できないが)。そして、火災の原因は、「メッキ装置の過電流による発火」と報道されているが、これが今一つよくわからない。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合