NEW

山尾志桜里議員、不倫相手の元妻が自殺報道…「希薄な罪悪感」と「永田町での悪評」

文=編集部
【この記事のキーワード】, ,
山尾志桜里議員、不倫相手の元妻が自殺報道…「希薄な罪悪感」と「永田町での悪評」の画像1
「チーム山尾しおり(衆議院議員)」のInstagramより

 彼女の死に、元エリート検事の現役国会議員は何を思うのだろうか――。

 2017年に不倫疑惑が報じられた山尾志桜里衆院議員だが、その不倫相手とされる弁護士の倉持麟太郎氏の元妻、Aさんが自殺していたと、27日発売の「週刊文春」(文藝春秋)が報じた(26日に電子版で有料公開)。

 山尾議員は民進党(当時)の幹事長に内定していた17年9月に不倫疑惑が報じられ、同党を離党したが、無所属で戦った同年10月の衆院選で当選。同年12月に立憲民主党に入党したが、昨年3月に「憲法観の違い」などを理由に離党し、同年6月に国民民主党に入党していた。

「山尾氏の政界デビューは09年、小沢一郎氏の強力なバックアップを受けて、民主党(当時)から衆院選に初出馬・初当選を果たしました。現在でも山尾議員は不倫騒動などまるでなかったかのように、国会で与党を厳しく追及したり、執行部とそりが合わないからと立憲民主党を離党したり、一昨年には国会会期中に無届けで倉持氏とアメリカ旅行に行き厳重注意を受けたりと、なぜか強気の姿勢が目立つ。スキャンダルで民進党を追われた1カ月後に“奇跡の当選”となった経験から、ヘンな自信を持ってしまったのかもしれません。

 立憲民主党を離党して国民民主党入りしたのも、立憲にいても今年の衆院選で党から優遇されないことがわかり、国民民主の玉木雄一郎代表を“落とした”ためだと永田町では噂されています。実際に、次の衆院選では、国民民主から比例東京1位で出馬という超優遇を受けることが決まっています。まさに国民民主の体たらくぶりが、ここに極まれりといえるでしょう」(全国紙記者)

国民民主党の内部に不満

 不倫報道時、山尾議員と倉持氏は共に既婚で子どももいたが、両者ともにのちに離婚。「文春」によれば、Aさんは不倫と離婚のショックに加え、倉持氏に子どもの親権を奪われたことなどが重なり「うつ病」を患い、昨年10月に自殺したという。また、「文春」には現在も交際を続ける山尾議員と倉持氏の様子も詳細に綴られている。

 そんな山尾議員だが、永田町ではどのようにみられているのだろうか。国会議員秘書で『国会女子の忖度日記:議員秘書は、今日もイバラの道をゆく』(徳間書店)著者の神澤志万氏はいう。

「山尾議員がまだ倉持さんと関係が続いていたことに驚きました。秘書仲間同士の会話では、山尾議員は倉持さんと結婚するつもりはないらしく、最近は関係も終わったといわれていたからです。山尾事務所には、ベテランの地方議員経験者の政策秘書が入り、積極的にさまざまな政策に取り組んでいるように見えました。つい最近『人権外交を超党派で考える議員連盟』の立ち上げに山尾議員が奔走する姿を見てたので、国会議員としてがんばっているんだなという印象でした。

RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合