NEW

先生が代わったとたん成績表が1に?中学校の内申点に不満充満、先生の主観で大きく左右

文・構成=編集部、協力=中曽根陽子/教育ジャーナリスト
【この記事のキーワード】

, ,

先生が代わったとたん成績表が1に?中学校の内申点に不満充満、先生の主観で大きく左右の画像1
「Getty Images」より

 教員の変動は中学生の成績表にどの程度影響があるものなのか――。そう考えさせられる記事をNEWSポストセブン(小学館)が13日報じた。同記事『千代田区の名門公立中学校で通知表に「1」を連発した新校長の主張』によると「髪型・服装自由」「宿題なし」「中間・期末テスト廃止」など、先進的な教育スタイルを導入していた東京都千代田区立麹町中学校で、生徒たちの成績表に異変が生じたのだという。

 同校では工藤勇一・前校長の指導のもと宿題や定期テストの代わりに、授業の進捗ごとに単元テストと呼ばれる小テストを受ける方式を採用。教育改革を主導する同校長を慕い、同校に入学する生徒・保護者も多かったという。

 しかし、人事異動によって校長が代わったころから、先進的な教育スタイルを踏襲したテストのやり方は変わらないのに、生徒たちの成績表は一変。今までなかった「1」が複数付くようになったり、「3」だった評価が「2」になったりした生徒が続出したのだという。生徒の授業態度などの受け取り方が、校長の異動に伴って再評価された結果のようだ。

継続的に90点台をマークしても新教員が来たら「5」が「4」に

「記事を読むと、親御さんたちが教育の継続性の問題で戸惑っていることがわかります。工藤校長はメディアでも注目された教育者で『全員5をつけてもいい』というスタンスだった人。ところが校長が代わった途端に評価法が一変したことで、一部の生徒や親御さんの間で失望が広がっていた。私が後追い取材したときも『生徒の態度が気に入らないからといって、恣意的に成績を悪くするようなことがあっていいのか。態度が気に入らないのであれば、しかるべき教育を行ったうえで評価するのが学校側の役割の一つであるはずだ』という声を聞きました。成績表の評価基準はどうあるべきか、評価のグレーゾーンをどう考えるのかという問題は、今後も検証されなくてはならないと考えています」(週刊誌記者)

 麹町中学校のように教員が代わると成績表の数値に影響が出るケースはあるのだろうか。昨年まで横浜市の市立中学校に通っていた男子生徒の保護者は次のように振り返る。

「確かに疑問に思ったことがあります。社会科の担当教員が1年から2年に上がる時に代わった時です。うちの子は中学校3年間、ずっと定期テストで90点台をキープしていましたし、課外学習や長期休暇中の自由研究もがんばっていたのですが、担当教員が代わったとたん『5』が『4』になり、それから上がることはありませんでした。

 はっきりと明言はなかったのですが、担任の先生との保護者面談によると、どうやら授業中に友達と授業内容に関しておしゃべりしてしまうところが問題視されたとのことでした。

RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合