NEW
小林敦志「自動車大激変!」

新型ヴェゼル、最上級「PLaY」の納期遅延を招いたホンダの誤算と“隠れ高額車”人気とは?

文=小林敦志/フリー編集記者
【この記事のキーワード】

, , , ,

新型ヴェゼル、最上級「PLaY」の納期遅延を招いたホンダの誤算と隠れ高額車人気とは?の画像1
ヴェゼル|Honda公式サイト」より

 前回、4月23日に正式発売されたホンダの新型「ヴェゼル」の販売事情について述べた。販売面だけで見れば、新型ヴェゼルの最大のライバルはトヨタの「C-HR」より「ヤリスクロス」になりそうだが、より強力なライバルはホンダ車の中にいるという状況だ。

 新型ヴェゼルはデビュー直後で魅力的なモデルではあるものの、売れ筋のハイブリッドでのベースグレードとなるe:HEV Xが265万8700円、最上級グレードの「e:HEV PLaY(以下、PLaY)」では329万8900円にもなる。

 PLaYでは、パノラマルーフやカーナビ機能も備わるホンダコネクトディスプレイが標準装備されるので、損得勘定が分かれるところではあるが、全般的には割高イメージも目立っている。ショールームを訪れる前にメーカーのウェブサイトで“予習”をしていれば、「新型ヴェゼルはいいけど高いなあ」という印象を持ちつつ、ショールームに「フィット クロスター(SUV風仕様)」が置いてあれば「これでいいや」ということにもなりやすい。

 多くの人は、SUVを購入したからといって積極的に降雪山岳路やオフロードなどを走ることはない。事実、予約受注のタイミングでホンダカーズにてヴェゼルの売れ筋を聞くと、「よほどのことがない限り4WDを選ぶ人は少ない」とのこと。そうなれば、“なんちゃってSUV”となるフィット クロスターでも十分なのである。

 正式発売のタイミングでホンダもコメントしているようだが、新型ヴェゼルの中で最上級のPLaYの納期がずば抜けて遅れている。ホンダは発売日のタイミングで注文を入れても納期は12月末としているようだが、筆者が4月上旬にホンダカーズで聞いたところでは、すでに納期は2022年、つまり年明けになるとしていたので、増産でもかけて多少短くなったのだろうか(PLaY以外については、4月上旬時点で納期は7月になるとのことであった)。

 これについては、単にPLaYにオーダーが集中したことで納期遅延となったわけでもないようだ。事情通は「ホンダとしては売れ筋グレードがZになるとして、e:HEV Zの生産比率を最も高めていたそうです。ところが、予約受注の段階からPLaYへのオーダーが目立ち、PLaYだけ納期遅延が長期化してしまったようです」とのこと。

コロナ禍で“隠れ高額車”が人気に

 2020年春から新型コロナウイルスの感染が拡大し、ある意味非常時が続いているが、新車販売は一時的な落ち込みから急回復を見せた2020年6月以降、絶好調が今も続いている。その中でコロナ前と明らかに異なる購買行動が、“隠れ高額車”がよく売れているということ。今もなお納期遅延が続いているトヨタ「ハリアー」は、最上級グレードに本革シートなどフルオプションに近い仕様の納期遅延が、より長期化傾向にあるとのこと(生産の都合などもあるようだが)。

 海外渡航ができず、緊急事態宣言など政府による行動自粛要請が断続的に続き、レジャー支出も大幅に減り、飲食店の時短営業もあり外食もままならない。このような中で、富裕層を中心に貯蓄が増える家庭が目立ってきており、数少ない贅沢が“新車購入”なのである。

RANKING