NEW
松岡久蔵「空気を読んでる場合じゃない」~CAが危ない!ANAの正体(10)

ANA、パイロットの過酷労働で脅かされる乗客の安全…社内通達メールに現場が猛反発

文=松岡久蔵/ジャーナリスト
【この記事のキーワード】

, ,

ANA、パイロットの過酷労働で脅かされる乗客の安全…社内通達メールに現場が猛反発の画像1
ANAHDの 片野坂真哉社長(写真:つのだよしお/アフロ)

ANA(全日本空輸)は顧客の安全よりもコストを優先する企業に成り果てたんです」――。ANAの現役パイロットはこう打ち明ける。国際線を中心とした路線拡大主義により、相応のパイロット数や適切な労働環境も確保できないまま現場は疲弊している。それに本来異議を唱えるはずの乗務員組合も会社の御用組合化を強め、もはやパイロットのモラルと技量だけが頼りという極めて危うい状況となっている。

パリ発羽田便でパイロットが体調不良で病院搬送

 4月19日午前9時15分ごろ、ANAのパリ発羽田行の貨物便運航の途中でパイロットが体調不良となり、ロシアのノボシビルスクへ目的地を変更し緊急着陸した。操縦士3人と客室乗務員5人の計8人が乗っており、意識を失った操縦士は通信作業などを担当しており、機体の操縦は別の操縦士が行っていた。国土交通省はこれを「重大インシデント」と認定した。

 ANA関係者によると、このパイロットはICUから一般病棟へ移り、命に別条はないといい、現地の病院で治療を受けているという。この緊急事態発生から約1日経過した20日午後7時半ごろに、パイロットを統括するフライトオペレーションセンター(FOC)長の亀田清重執行役員名義で全パイロットに配信された以下の「重大インシデント認定を受けて」という業務メールが、現場から猛烈な反感を買っている。

<運航乗務員 FOCスタッフ各位

2021年4月19日(月)9時15分頃(日本時間)NH216(パリ発 羽田行 NO PAX便)において、 ロシア上空を巡航中に1名の運航乗務員が体調不良に陥るといった事態が発生しました。暫くして、当該乗務員の体調は回復しましたが、念のため当該機はロシアのノボシビルスク空港にダイバート(筆者注・目的地変更)し、現地の病院に搬送されています。 現地の病院の適切な医療措置もあり、現在、当該乗務員の状態は安定しています。ロシアのANAスタッフから必要なサポートも受けており、医師による経過観察の後、帰国の予定となっています。

本件は、 航空法施行規則第166条の4の「航空機乗組員が負傷又は疾病により運航中に正常に業務を行うことができなかった事態」として、国土交通省航空局から重大インシデントに認定されました。今後、関係当局による調査が行われる予定ですが、FOCとしても、この調査に全面的に協力していく考えです。

ご存じのとおり、OMにおいて運航乗務員は「自らの健康および疲労について留意する」こと、および「病気や疲労その他の理由により、運航に影響を及ぼすような心身の異常を認めた場合、 乗務してはならない。また、運航中において異常が疑われた場合、 相互確認を行い、運航の安全確保のため必要な措置を講じる」ことが求められています。 運航乗務員各位におかれては、これまで同様、出社時の体調確認を含め、プロフェッショナルとして 「安全運航の堅持」に資する健康管理の実践に努めていただくようお願いします。

以上

ANAフライトオペレーションセンター長 亀田 清重>

「パイロット個人の健康管理のせい」に現場が猛反発

「体調が悪くなる大きな原因の一つは、ここ数年の過度な路線拡大による過酷な勤務なのに、最後の段落のパイロット個人の健康管理が悪いと言わんばかりの言い分は許せない」

 先のパイロットはこう怒りを隠さない。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合