NEW
野村直之「AIなんか怖くない!」

「デジタル秘書」化するAI、セキュリティ対策に浸透…メール誤送信防止にも活用

文=野村直之/AI開発・研究者、メタデータ株式会社社長、東京大学大学院医学系研究科研究員
【この記事のキーワード】

, ,

「デジタル秘書」化するAI、セキュリティ対策に浸透…メール誤送信防止にも活用の画像1
「gettyimages」より

 昨年2020年はやむなく中止となった恒例の「Interop Tokyo 2021」が、4月にリアル会場(幕張メッセ)とオンラインで併催されました。実用化されたばかりのインターネットの基盤技術を展示する大がかりなイベントです。ShowNetという名のこの期間専用の高速大容量ネットインフラも提供され、さまざまな実験的なネット環境が提供されています。メタデータ社も出展する100%オンラインの「マーケティング・販促サミット」もVR技術を駆使して5月12-14日に開催ですが、その名の通りインターオペラビリティ(相互運用性)を前世紀から推進してきたInteropはさすがに格上でした。

Interop Tokyo 2021の講演 ~村井純教授の前倒しDXの好機!発言など

 Interopは日本のインターネットを牽引してきたという自負のあるイベントです。筆者が初日の懇親会に参加した年には、森田健作千葉県知事(当時)が「Tokyoの看板ですが千葉県のイベントなのでどうぞよろしく!」と気合いを語っていましたが、中心は、日本のインターネットの父ともいえる、慶応大学・村井純教授です。今回の基調講演ではコロナ禍はDXを20年前倒しに実現する絶好のチャンス!と語りました。

 オンライン講演は、メインのInterop Tokyo 2021が120本、併催のDigital Signage Japanが 19本、Location Business Japanが 18本、APPS(アプリ)Japan 2021が10本となっています。 4月30 日時点では受付ページもまだ残っています。5月12日頃まで視聴可能なようですので、ぜひ眺めてみてください。合計157本の講演動画サムネイルを眺めると、コロナ禍でのテレワークを安全に行うためセキュリティ関連の講演が目立ちます。演題にDX(デジタルトランスフォーメーション)を含む講演が32本、AI(人工知能)を含む講演も8本あります。AIがデジタル社会の基盤に根付いてきたことをうかがわせます。

OK-03      人工知能(AI)が提供するスマートで快適なセキュリティとは? 既存のテクノロジーでは実現できないゼロトラストとゼロタッチの世界

C1-01      経営者にとってのIoT/AI戦略 ~製造業の先端事例~

KA1-02      デジタル&AIが牽引する、0炭素クリーンエネルギーの新たな未来

H1-07      テレビ局におけるAI活用事例

G2-01      WiFiを使った空間検知技術「WirelessAI」について

KB2-05      巨大グローバル企業がエンドポイント対策を自律型AIプラットフォームに切り替えている理由とは?

A2-07      価値を共創するデジタル変革(DX)のための人工知能技術とコミュニティ ~AI for Society 5.0 ~

B3-06      AI×契約書業務で加速するDXとこれからの法務

村井純はDXと世界貢献に不退転の決意を表明

 動画一覧ページのページ内検索で「村井純」と入れてもヒットしません。演題、“Now or Never ~DX:今・やる!~”の一部の文字列で検索してください。“It’s now or never!”という英語の慣用句は、「今という好機を逃せば、これほどのチャンスは2度と来ない」を意味します。煽情的な日本語に訳せば、「のるかそるか、今しかない!」。それを「〜DX: 今・やる!」と、まるでターミネーターかブルドーザーのように「今DXを実現するぞ!」とする村井先生の実績と体躯のイメージにぴったりの副題です。

 最初に、まだインターネットユーザーの大半を日米欧が占めていた西暦2000年に、IT基本法ができて、当時の森喜朗首相が所信表明演説でグローバルな貢献、インターネットの世界的課題の解決を日本が担うと宣言したことを振り返ります。 その後、実行戦術をつくる組織として内閣IT戦略本部ができ、2016年には、データ、コンテンツに目を向けたインターオペラビリティ、デジタルによる経済社会の活性化を企図した官民データ活用推進基本法が制定されました。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合