NEW
田中圭太郎「現場からの視点」

月給約16万円…専任講師と大きな待遇格差 桜美林大学の非常勤講師が大学を集団提訴 

文=田中圭太郎/ジャーナリスト
【この記事のキーワード】

, ,

月給約16万円…専任講師と大きな待遇格差 桜美林大学の非常勤講師が大学を集団提訴 の画像1
6月1日、厚生労働省会見室で開催された、桜美林大学ユニオンの記者会見

 桜美林大学非常勤講師18人が、講師給の実質切り下げの撤回と、専任講師との待遇格差の是正などを求めて、大学を集団提訴した。最初に提訴したのは20年9月。11人の講師が、授業時間が増えたことなどによって支払われていた「月額調整分」が、20年度から削減されたのは「講師給の実質切り下げだ」と主張。。また、「専任教員に支払われている期末手当、住宅手当、扶養手当が支払われていないことで、非常に大きな待遇の格差が生じている」として、20年度の月額調整分と支払われていない手当の損害賠償を求めている。さらに21年4月には、7人の講師が先に11人が訴えた内容に加えて、コロナ禍の影響で閉講した授業の給与の支払いも求めて提訴した。非常勤講師の待遇に焦点を当てた裁判の背景を取材した。

授業時間増加分の「月額調整分」の支払いがカットに

「この大学は教員に占める非常勤講師の割合が高く、日本語の授業では9割以上、英語の授業では8割以上を占めています。にもかかわらず、経営陣が雇用責任を軽視しているために、非常勤講師は蔑ろにされています。コロナ禍で差別的な待遇が明らかになったことをきっかけに、提訴に踏み切りました」

 こう話すのは、提訴で原告になった桜美林大学の非常勤講師。非常勤講師らは待遇の是正を求めて20年8月に「桜美林大学ユニオン」を結成。そのうちの11人が20年9月に、7人が21年4月に大学を相手取り提訴した。大学の非常勤講師合計18人が大学を集団訴訟するのは、異常事態と言っていいだろう。ユニオンの関係者と原告は6月1日、厚生労働省で会見し、2つの提訴について説明した。

 問題が起きたきっかけは、桜美林大学が非常勤講師に「月額調整分の支給は19年度だけ」と決めたことだった。月額調整分は、19年度から授業1コマの時間が90分から100分に増えたことに伴って、1コマあたりの基本給とは別に支払われたもの。1回の授業時間が10分増える一方、半期あたりの授業回数は15回から14回に変更され、総授業時間数は50分増えることになった。その差額分として19年度のみ月額調整分が支払われていた。

 非常勤講師の週1コマあたりの基本給は勤務年数によって異なり、原告らは月額で約3万2000円から3万5000円。月額調整分も講師によって約1100円から1300円が毎月支払われていた。

 100分の授業時間と半期で14回の授業回数は、20年度も継続されることになった。ところが大学は、20年度以降は月額調整分を支給しないことを20年1月に明らかにした。

調整分の支払いと待遇格差の是正を求めて提訴

 月額調整分をめぐっては、桜美林大学ユニオンと首都圏大学非常勤講師組合が、月額調整分を基本給に組み入れることを団体交渉の場で大学に要求していた。これに対して大学は、基本給に組み入れることを拒否。それだけでなく、20年度からは月額調整分を支給しないことを通告してきたのだ。「これは不利益変更だ」というのが非常勤講師らの主張だ。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合