『ゼロイチ』女性視聴率で『王様のブランチ』に完敗の裏側…日テレが指原莉乃に賭けた理由の画像1
ゼロイチ|日本テレビ」より

 この4月から、日本テレビの土曜昼が大きく変わった。指原莉乃がメインMCを務める新番組『ゼロイチ』がスタートしたのだ。プレスリリースによると、同番組は「トレンドや次世代のスターを“ゼロイチで生み出す”、どこよりも“今っぽい&今がわかる”エンタメ情報バラエティー」だという。

久本雅美から指原莉乃に賭けた日テレ

 この『ゼロイチ』のために犠牲になったのが、それまで25年にわたって親しまれてきた人気トーク番組『メレンゲの気持ち』だ。さらに日テレは、この長寿番組を終わらせただけでなく、同じく土曜の10時30分からの1時間、地方の系列局制作の旅番組や過去の番組の傑作選を放送してきた枠も撤廃した。

「2部構成の『ゼロイチ』は合計165分、2時間45分の超大型番組です。第1部は10時30分から11時45分の75分。そして、料理番組『キューピー3分キッキング』を挟んだ後に始まる第2部は、11時55分から13時25分の90分です。

『メレンゲ』を終わらせてここまでの時間を『ゼロイチ』に割いたのは、コアターゲット層の取り込みを狙ったからだと言われています。『メレンゲ』は打ち切りが報じられていた当時から、主にF3層(女性50歳以上)しか見ていないという現実がありましたから。その『メレンゲ』も、打ち切られる1年ほど前からは若者向けの情報に特化したつくりをしていました。それが最後の悪あがきだったのか、次の番組に向けてのテストだったのかはわかりませんが、落ち込んでいる番組の次に入れる第2、第3のコンテンツを考えている日テレですから、すでにプロジェクトは動いていたのではないでしょうか。

 いずれにしても、日テレは久本雅美ではなく、次の10年、20年を見据えて指原莉乃に“ベット”したということでしょう、ちなみに、『ゼロイチ』のチーフプロデューサーには『ZIP!』や『ザ!鉄腕!DASH!!』を手がけるクリエイターが入っています」(テレビ局関係者)

『ブランチ』に追いつけない『ゼロイチ』

 王者・日テレが大改革に踏み切った裏には『王様のブランチ』(TBS系)の存在がある。同番組は、奇しくも『メレンゲ』と同じ1996年4月6日にスタートした老舗の情報バラエティだ。初代司会を務めたのは寺脇康文と田中律子。その後、女性司会者はさとう珠緒、優香と変わり、本仮屋ユイカ、新川優愛をはさみ、現在は佐藤栞里へとバトンが引き継がれている。男性司会者は、寺脇と同じ俳優の谷原章介が2代目を務めた後、お笑い芸人のアンジャッシュ・渡部建へ。変化を恐れないキャスティングで、常に新しさを追求してきた。

「『ブランチ』は司会の交代もドラスティックに断行してきました。事情が若干違いますが、昨年にはスキャンダルで活動休止に追い込まれた渡部を降板させています。また、番組に華を添える若手女性タレントの“ブラン娘”、現在で言うブランチリポーターも、25年間で約100人が入れ替わっています。かつては坂下千里子や“姫”として人気を博したはしのえみも輩出するなど、女性タレントの登竜門にもなっています」(芸能ライター)

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合