巨大な米国オガララ帯水層、枯渇の危機、穀物生産が困難に…日本の畜産に深刻な打撃の画像1
「Getty Images」より

 国連食糧農業機関(FAO)は、昨年11月に「世界食料農業白書:2020年版」を発表した。FAO駐日連絡事務所はHP上で、次のようにその内容を説明している(以下、引用)。

<30億人を超える人々が、高レベルから非常に高レベルの水不足の農業地域に住んでおり、そのほぼ半数が厳しい制約に直面しています。さらに、1人あたりの利用可能な淡水は過去20年間に世界全体で20%以上減少しており、特に世界最大の水利用源である農業部門では、より少ない水量でより多く生産することの重要性を浮き彫りにしています>

<約12億人(そのうち44%は農村部、残りは地方の小都市部)は、深刻な水不足が農業の課題になっている場所に住んでいます。 それらの約40%は東アジアと東南アジアに住んでおり、これよりわずかに高い割合を南アジアが占めています。 中央アジア、北アフリカ、西アジアも深刻な影響を受けており、5人に1人が水不足の非常に厳しい農業地域に住んでいます。 対して、ヨーロッパ、ラテンアメリカ、カリブ海、北アメリカ、オセアニアではそのような人口率は4%未満です。

 サハラ以南アフリカに住む人々の約5%が同様の条件下で生活しています。つまり、深刻な干ばつが3年に1回、農地や牧草地に壊滅的な影響を与える地域に、約5000万人が住んでいます。世界の天水耕作地の約11%(1億2800万ヘクタール)と牧草地の約14%(6億5600万ヘクタール)は、頻発する干ばつに直面しています>

 同白書が警告するように、今、世界的に水不足と干ばつが広がり、飢餓や食糧危機を招いており、日本にもその影響が広がっている。記憶に新しいのは2019年のオーストラリアの大干ばつである。19年1〜9月の豪州全体の降水量は1965年以来の低水準となり、肉牛に必要な牧草の生育が進まず、小麦生産にも打撃を与えた。さらに、乾燥と高温で深刻な森林火災が大規模に広がり、コアラなどの野生動物の多くが死滅した。

 この大干ばつによる牧草の生育障害で、オーストラリアでの牛の生産量が減少し、日本のオーストラリア産牛肉の輸入量は2割ほど減少。輸入牛肉価格は高騰した。

 マダガスカルは3年連続の干ばつで南部地域の150万人が飢餓に直面している。マダガスカルは、洋菓子などの甘さと香りを演出するバニラ豆生産が世界の8割を占めており、干ばつで生産量は2〜3割減少。日本のバニラ豆の輸入価格は、10年前の1キロ3900円に対して、2020年は3万8000円と約10倍となった。

RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合