ソフトバンクG、燻る上場廃止…経営リスクとして有報に「孫正義社長の不測の事態」明記の画像1
孫正義氏のツイッターより

 ソフトバンクグループ(SBG)は6月23日、東京・港区海岸の東京ポートシティ竹芝で定時株主総会を開催した。2021年3月期決算で国内企業として過去最高となる約5兆円の純利益を計上した。

 ウェブを通じて遠隔で出席した孫正義会長兼社長は冒頭、「ここ数年、ソフトバンクとはなんぞやと多くの人に問われた」と切り出した。「事業家としての孫正義は好きだが、投資家としては好きじゃないと言われることもあった。単なる投資家ではないと思っているが、どんなふうに説明すれば良いか、モヤモヤと鬱憤が溜まっていた」と話した。

 世界のAI(人工知能)関連企業へ相次ぎ出資している現在の経営方針を「情報革命の資本家であると定義したい」と表明。投資額を上回る資金の回収だけを目指す投資家とは次元が異なると説明した。孫氏は、「19世紀の産業革命下では、蒸気機関を発明したジェームズ・ワットらとともに、開発資金を投じたロスチャイルド家の存在があった」とした。

 そして、「21世紀の発明家に相当するのは(米アップル創業者の)スティーブ・ジョブズなどの起業家だ。ソフトバンクはAIを使った情報革命の資本家になる」と“孫節”でまくし立てた。「(ソフトバンク・ビジョン・ファンド<SVF>の)投資先の約260社はほとんどがまだ利益を出していないが、リスクをとって最も大きな資本を提供している自負がある」と力説。

 最近の孫氏の出資戦略には「事業家から投資家へ変節した」との批判が常につきまとうが、孫氏は「投資家と資本家は似て非なるものだ」とし、自身の考える両者の違いを明確にした。「投資家が目指す正義はお金をつくること」としたうえで資本家の「もっとも大切な物差しは未来を創ることだ」と再定義した。「ロスチャイルドら資本家が、その礎をつくったように、人々の未来を創ることが一番の使命と感じている」と強調した。

株主と大きな溝

 質疑では、下落傾向が顕著な株価や株主還元に関する質問が相次いだ。SBG株は3月16日に1万695円の年初来高値をつけたが、現時点では3割近く安い。21年3月期の連結純利益は過去最高だったが、今期に入り投資先の企業の株価が冴えない。「過去最高の純利益を発表して以降、時価総額が10兆円近く目減りした。短期と中・長期の株価対策、今後の業績見通しを教えてほしい」と投資家から疑問が投げかけられた。

 SBGはここ数年、投資事業の指標として保有株式価値から純負債を引いた時価純資産を意味する「NAV(ネット・アセット・バリュー)」を採用している。「毎日NAVを計算して見ているが、1日で2000億~3000億円も動くこともある。多いときは5000億円や1兆円などと、あまりにも変動が大きく、業績予想を出すのは不適切だ」とした。

RANKING
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合