NEW

ローソン、「日販」でファミマに逆転され3位に転落…大量出店が裏目、収益力劣る店舗増

文=編集部
【この記事のキーワード】

, ,

ローソン、「日販」でファミマに逆転され3位に転落…大量出店が裏目、収益力劣る店舗増の画像1
ローソンの店舗

 ローソンの2021年3~5月期の連結決算は最終黒字に転換した。中国などの経済回復をテコに海外のコンビニが復調した。売上高にあたる営業総収入は前年同期比9%増の1692億円、営業利益は4倍の106億円。最終損益は56億円の黒字(前年同期は41億円の赤字)だった。

 国内コンビニ事業は緊急事態宣言が発令された前年同期の反動で営業利益は3倍の66億円に膨らんだ。高級スーパーの成城石井は付加価値が高い総菜などが伸び、営業利益は前年同期比13%増の29億円と好調を持続した。海外はコロナ禍の抑制が進む中国の営業利益は前年同期の11億円の赤字から3億円の黒字となった。

 国内コンビニの1日当たりの平均店舗売上高(日販)は48.6万円。前年同期の47.1万円から回復傾向にある。それでもコロナ禍前の19年3~5月期の52.7万円の水準まで戻っていない。

 日販はコンビニ業界で重要視される指標である。日販は店舗の稼ぐ力を示している。ローソンとファミリーマートは、コンビニ第2位の地位を争ってきた。21年2月期に日販でローソンはファミマに逆転を許した。ファミマの全店の平均日販は49.3万円。これに対してローソンは48.6万円だった。

 1年前の20年2月期の日販はセブン-イレブン・ジャパンが65.6万円、ローソン53.5万円、ファミマ52.8万円の順だった。新型コロナウイルスの感染拡大でローソンが失速した、という構図である。加盟店の利益確保を重視して廃棄負担を減らそうと店舗の商品発注を抑えたことも一因だが、それだけではない。

 16年、サークルKサンクスを傘下にもつユニーグループ・ホールディングスと経営統合したファミマは店舗数で2位に躍進した。店舗数でファミマに抜かれたローソンは17年2月期以降、猛烈な勢いで店舗数を増やした。好立地への出店の余地が少なくなるなかで大量出店した結果、収益力が劣る店が増えた。この間、ファミマは低収益の店を整理した。ファミマは店舗数は減ったが日販は増えた。ローソンがファミマに日販で逆転を許した根本原因はここにある。

 ローソンは巻き返しに動いた。既存店の底上げに向け、22年2月期中には最大5000店の売り場の改装を予定している。商品が見やすい冷凍ケース、店内で出来立ての総菜を調理する厨房の完備など、設備投資は数百億円に上る。

H2Oの駅ナカコンビニ、アズナスがローソンに転換

 ローソンの竹増貞信社長と阪急・阪神百貨店やスーパー・イズミヤを傘下にもつエイチ・ツー・オー(H2O)リテイリングの荒木直也社長は6月24日、揃って大阪市で記者会見した。阪急電鉄の駅ナカなどで展開するコンビニエンスストア・アズナスを7月下旬から順次、ローソンに看板を掛け替える。

RANKING
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合