NEW

アマゾンでPS5注文→「配達完了」でも紛失の謎…個人事業主の配達員、実は盗難ではない?

文=A4studio
【この記事のキーワード】

, ,

アマゾンでPS5注文→「配達完了」でも紛失の謎…個人事業主の配達員、実は盗難ではない?の画像1
アマゾンのサイトより

「PS5(編注:ソニー『PlayStation 5』)配達員にパクられました。さらには代わりの物を送ってもらえずPS5は無かったことになりました。」

 今年5月23日、こんな衝撃的なツイートが話題になった。このツイートの投稿者は「amazon.co.jp(アマゾン)」で注文したのだが、ネット上ではアマゾンの配達システムへの懸念もささやかれる事態となった。だが、実際のところ配達員が商品を盗むということはありうるのだろうか。

 アマゾン側のシステム不備の有無などについて、アマゾン出品者へのコンサルティングを手掛けるアグザルファ株式会社の辻光洋氏に話を聞いた。

アマゾンが個人事業主と契約するサービス「アマゾンフレックス」

 まず、アマゾンにおける配達業者にはどのような種類があるのか。

「やはり多いのはヤマト、日本郵便、デリバリープロバイダです。デリバリープロバイダとはアマゾンと提携をしている地域限定の配送業者のことで、最近ではこのデリバリープロバイダによる配送割合も増えてきています。現在アマゾンは、全国で9社の配送業者と契約していると公表しています」(辻氏)

 今回の事件を起こしたのは個人事業主の配達員だとみられているが、個人事業主もこの9社のひとつなのだろうか。

「いえ、おそらくですが、今述べた業者とはまた別の業態である『アマゾンフレックス』というシステムを利用した、個人事業主の配達員だったのではないでしょうか。『アマゾンフレックス』とは、国内では2019年に正式にスタートした業態で、軽貨物車や電動自転車を持っている個人事業主とアマゾンが直接業務委託契約を結び、荷物を配送するというもの。“アマゾン版のウーバー”といえばわかりやすいでしょう。

 私の知る限り、この業態以外でアマゾンが個人事業主と手を組んでいる事例はないので、今回のトラブルの原因が個人事業主であるとするならば、十中八九、この『アマゾンフレックス』で契約していると思います。ただ前提として、今回のトラブルに関して実際にどういう問題が起こったのかはアマゾン側が開示しておらず、開示する義務もないということを念頭に置き、私としてはあくまで予測としてお話ししているということをご理解ください」(辻氏)

 こういった話を聞くと、「アマゾンフレックス」の個人事業主の配送を避けたいと思う方もいるだろうが、辻氏によると「残念ながら消費者側は選べない」のだという。

「確かに[t1] こういった謎の紛失問題が出てくると、消費者視点では“大手業者を選べば安心だ”と思うでしょう。ですがアマゾン側からすると、消費者からの依頼が大手のみに集中しすぎるといった状況になると、配達効率を悪化させる恐れも出るわけです」(辻氏)

RANKING
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合