NEW
篠崎靖男「世界を渡り歩いた指揮者の目」

オーケストラ、知られざる楽員たちの意外な行動…舞台裏で噂話、出番後はダッシュで帰宅

文=篠崎靖男/指揮者
オーケストラ、知られざる楽員たちの意外な行動…舞台裏で噂話、出番後はダッシュで帰宅の画像1
「Getty Images」より

「今日、仕事が終わったら、コンサート・マスターもお気に入りのケーキ屋さんに行ってみない?」とか、「今回の指揮者、リハーサル中には今にも怒り出しそうで怖かったよね」とか、ステージ上では指揮者やコンサート・マスターはもちろん、同僚たちが汗だくになって演奏しているにもかかわらず、舞台裏では何人かの楽員がコーヒーカップを片手に、結構大きな声でこんな会話をしているかもしれません。

 もちろん、彼らはさぼっているわけではなく、「降り番」だからです。例えば、同じベートーヴェンであっても、ドラマ『のだめカンタービレ』で有名になった交響曲第7番を演奏するのと、交響曲第5番『運命』を演奏するのとでは、必要な楽器数が違ってきます。

 交響曲第7番と比べて、『運命』を演奏するためには、トロンボーン3名、ピッコロ1名、コントラファゴット1名の計5名、追加が必要となります。この5名は、交響曲第7番を演奏しないので、ステージを降りているという意味で、「交響曲第7番は降り番」といいます。ほかにも、「来週は降り番で休みます」などのようにも使うので、総じて、ステージに乗る必要がない楽員を「降り番」というのです。

 一方、ステージで演奏する楽員は「乗り番」です。ですから、先ほどの例に挙げた5名の奏者は、交響曲第7番は「降り番」、『運命』では「乗り番」ということになります。

 仮に、前半に「乗り番」の『運命』、後半に「降り番」の交響曲第7番というプログラムのコンサートであれば、この5名の楽員は前半が終わり次第、さっさと帰途に着くことができます。もしかしたら、同僚が後半の交響曲第7番の演奏を始めている頃には、すでに帰りの電車の中かもしれませんし、次の電車に乗り換えている猛者までいるでしょう。それほど演奏を終えた楽員の逃げ足は速く、一秒でも早くコンサートホールから出るのに命を賭けている人までいるのではないかと思うほどです。

 反対に、残念ながらプログラムの都合で前半に「降り番」となった場合には、さしてやることもなく、舞台裏や楽屋でコーヒーを飲んだり、忙しくてあまり手入れしていなかった楽器の入念な掃除をしたり、携帯電話をいじるなど、時間を潰して後半の「乗り番」を待つことになります。もちろん、出番があるので決してリラックスはできないわけですが、指揮者がステージにいるのをいいことに、冒頭で話したように指揮者の悪口を言ったりしながら時間を潰しているのではないかと想像したりします。

 幸か不幸か、指揮者は常にステージ上なので、舞台裏での自分の噂話を聞く機会はありません。しかし、僕も若かりし修業時代、舞台裏で副指揮者として使い走りのようなことをやっていた頃には、仲良くなった楽員とコソコソと指揮者の噂話などをしていたので、どんな話で盛り上がっているのか、容易に想像がつくのです。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合