NEW

中3で月収1千万円、キメラゴンの義務教育論…「経営者には不要」「社会の歯車のルール」

文=道明寺美清/ライター
【この記事のキーワード】

,

中3で月収1千万円、キメラゴンの義務教育論…「経営者には不要」「社会の歯車のルール」の画像1
キメラゴン

 コロナ禍が長引き、人との接し方や働き方なども“ニューノーマル”となった。これまでの既成概念も大きく変化し、教育のあり方も多様化を見せ始めている。

 そんな時代を象徴するような17歳のインフルエンサー、通称「キメラゴン」が注目を浴びている。中学生の頃から不登校となり、自宅でブログを始めると、瞬く間に月収1000万を達成し、現在はさらにビジネスの幅を広げている。そんなキメラゴンの過去から現在、そして未来について話を聞いた。

 不登校となった彼がネットビジネスのスタートとなるブログを始めたのは、わずか14歳の時だった。「不登校」というワードはセンセーショナルに取り上げられがちだが、彼にとっての不登校は世間がイメージするそれとは異なるものだったと語る。

「不登校は僕にとって『ブランディング』のひとつでした。中学からビジネスを始めようと考えた時、将来『不登校』というワードが自分にとってプラスに働くと考えました」

 あえて不登校を選び、その結果、自身のブランディングに成功したと話す。ブログは順調に伸び、中学3年生の頃には月収1000万円を達成した。

「不登校の中学生が始めたビジネスで月収1000万円を稼ぐことは、僕にとっては難しいことではありませんでしたが、社会から見ると稀有な存在であって、インパクトがありました。不登校を決めたことは正解だったと思っています」

義務教育とは

 義務教育によって、社会において自立的に生きる基礎を培うわけだが、中学時代を不登校で過ごし、今になって学ぶべきことを学べなかったと感じることはないのだろうか。

「僕は、ビジネスをする上で経営者です。経営者になるために必要なことは義務教育にはありません。義務教育で学ぶ社会のルールは、社会の歯車になるためのルールです。そのゴールは、経営者に雇われる人材になるということです。僕が経営者になるという道を選んだ時点で、彼らが言うルールとは、僕が彼らに守らせるルールなのです」

必要な教育は人それぞれ

「義務教育に限らず、高校や大学へも、『なぜ行くのか』と考えたときに、行かなくてもいい人もいるわけです。ただ、それは結果論であって、本来は学校へ行くことが不要な人でも、在学中に答えがわからないから安全策をとって行くことが多いと思います。僕は、必要か必要じゃないかは、その人が決めることだと思うんです」

 あくまで“キメラゴンにとっては義務教育は不要”であり、それがすべての人にとって不要であることを示唆しているのではない。

RANKING
  • スキル・キャリア
  • ビジネス
  • 総合