NEW

「廣瀬さんって、どなたですか?」旭川中学生イジメ自殺、元校長が放った暴言…小川泰平が直撃取材

文・構成=編集部、協力=小川泰平/犯罪ジャーナリスト
【この記事のキーワード】

, ,

「廣瀬さんって、どなたですか?」旭川中学生イジメ自殺、元校長が放った暴言…小川泰平が直撃取材の画像1
旭川女子中学生事件を取材している犯罪ジャーナリストの小川泰平氏(撮影=編集部)

 北海道旭川市の市立北星中学校2年の廣瀬爽彩さん(当時14)が今年3月23日、同市内の永山中央公園で凍死の状態で発見された。一部報道で2年以上前から、上級生グループの男女から凄惨ないじめを受けていたことが明らかにされ、注目を集めた。

 しかしその後、在京キー局や全国紙などの後追い報道は少なく、同市がいじめの有無を調査するために設置した第三者委員会の答申のめども立っていない。市教委からのいじめに関する明確な説明もなく、遺体発見に至るまでに廣瀬さんの身に起こった様々な事案についての北海道警察本部の発表もない。市や道警の“公式発表”がない中、今月18日には遺族の代理人が会見を開き、母親の手記を公開した。次のようにその思いをつづっていた。

「第三者委員会には今も違和感と疑問をぬぐい去れません。公平で中立な調査が行われているのか、誰が、どんな調査をして、本当に真実に迫ろうとしているのか。調査の進捗に関する情報が極端に少なく、調査委員会の動きを、どう評価すれば良いのか、いまだ戸惑っています」

 インターネット上では今も大量の真偽不明の情報が乱れ飛んでいる。いじめの当事者ではない人物の名前がさらされた上で、誹謗中傷を受ける事例も多発し、当人だけではなくその家族にも影響が及んでいるようだ。

 そんななか、玉石混交の情報の真偽を確かめるべく、精力的に現地で事件を取材し続けている元神奈川県警刑事で犯罪ジャーナリストの小川泰平氏が、自身の取材結果を公式YouTubeチャンネル「小川泰平の事件考察室」にまとめた動画『旭川女子中学生事件』が大きな反響を呼んでいる。

 小川氏は動画で事件の全容解明のため、当事者の少年少女、担任の女性教員、一連の事件で廣瀬さんを目撃したことがある人へむけて情報提供を強く呼びかけている。当編集部はこの動画を紹介するとともに、この事件をどう見るべきか、あらためて小川氏に聞いた。

被害者は行方不明になって1ケ月後、凍死状態で発見された

 動画は8月26日までに計10本があげられている(下記)。小川氏は6月と7月に旭川に出向き、北星中学校関係者、市教委、北海道警旭川方面本部などに取材を行った。

 小川氏は語る。

「この事件の最大のポイントは、爽彩さんが遺体となって発見されるまでの間、学校や警察など大人が異変に気が付き、彼女の命を救うチャンスがあったということです。なぜ、大人たちは責任をもってそのチャンスを生かすことができなかったのか。それがこの取材の趣旨です。犯人捜しをすることが本意ではありません」

RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合