NEW

慶喜のあと徳川宗家はどうなった?…日本郵船で徳川家18代と加賀前田家18代が同僚に

文=菊地浩之
【この記事のキーワード】

, ,

【確認中】慶喜のあと徳川宗家はどうなった?…日本郵船で徳川家18代と加賀前田家18代が同僚にの画像1
徳川慶喜に代わり、16代当主として徳川宗家を引き継いだ徳川家達。当時まだ6歳、幼名は亀之助だった。そう、NHK大河ドラマ『青天を衝け』で、14代将軍・徳川家茂(演:磯村勇斗)が継嗣に望んでいた、あの亀之助だ。(画像は1920年代の写真で、Wikipediaより)

15代将軍・徳川慶喜の辞官納地後、田安徳川家から徳川宗家の16代当主が迎えられた

 NHK大河ドラマ『青天を衝け』第26回(9月12日放送)で、渋沢栄一(演:吉沢亮)は駿府藩(のちの静岡藩)徳川家に向かう。江戸幕府が潰れたので徳川家は滅んでしまったと誤認している方もいらっしゃるようだが、現在まで続いている。ここでは、その後の徳川家について述べていこう。

 明治維新で徳川慶喜(演:草彅剛)は辞官納地(官職を辞し、領地を返上すること)を命じられ、朝敵とされた。それにともない、慶喜は徳川将軍家(徳川宗家)の家督から退けられ、慶応4(1868)年閏4月に明治新政府から田安徳川亀之助が徳川宗家を継ぐように命じられた。田安徳川家は御三卿のひとつで、亀之助はその当主である。かつて14代将軍・徳川家茂(演:磯村勇斗)が上洛する際、「自分にもしものことがあったら、後継者は田安の亀之助にしてほしい」と遺命した、その亀之助である。

 亀之助は文久3(1863)年7月に田安徳川慶頼(よしより)の3男として江戸城で生まれた。母は側室高井氏で、実は彼女は御家人・津田氏の娘で田安家用人の高井家の養女になっていたらしい。ゆえに亀之助の母方の従姉妹には津田塾大学を開いた津田梅子がおり、父方の伯父に越前福井藩主を継いだ松平慶永(春嶽/演:要潤)がいる。

 亀之助は5歳で徳川宗家の家督を継ぎ、徳川家達(いえさと)と改名。慶喜が辞官納地したが、徳川宗家は存続を許され、駿河府中藩70万石の一大名家として再出発することになった(府中の読みが不忠に通じることから、付近の賤機[しずはた]山にちなんで静岡と改名した)。

 江戸城から駿府城に都落ちさせられたのだが、家達は江戸城から出たことがない5歳の少年である。道中、楽しくて仕方がなかったらしい。輿(こし)から外を覗いては、「あれは何? これは何?」としきりに尋ねたという。

徳川宗家16代・徳川家達の赤坂の邸宅周辺には、天璋院篤姫、和宮、その他歴代の“お姑さん”たちが大集結

 中高生時代の歴史の教科書を思い出してほしいのだが、1869年6月に版籍奉還が実施され、藩主は版(領地)・籍(人民)を朝廷に返上し、知藩事に任じられた。次いで1871年7月に廃藩置県が断行され、旧藩主は知藩事を解任され、東京への移住を命じられた(廃藩置県に反対する旧藩士たちが、旧藩主を擁して反乱を起こすことを防ぎ、いわば藩主を人質にするものであった)。

 これにともない、家達も静岡藩主から静岡知藩事となり、知藩事解任とともに東京へ転居した。当時、東京は大名屋敷も用済みとなり、旗本も静岡に移転したため、桑畑が散乱する荒れ地になっていたとも伝えられる。徳川宗家は肥後人吉藩の赤坂邸を購入して、そこに転居した。

 敷地内の別邸には、歴代のお姑さんが集まってきた。天璋院篤姫(13代将軍・家定の妻/演:上白石萌音)、本寿院(13代将軍・家定の母)、実成院(じつじょういん/14代将軍・家茂の母)。和宮(14代将軍・家茂の妻/演:深川麻衣)は京都に帰っていたが、明治天皇一家が東京に移り住んできたので、お姑さん結集とほぼ同時期に東京麻布に引っ越してきた。いやいや大変なもんである。

 1877年に家達は14歳で英国に留学。ロンドン郊外のイートン・カレッジを卒業。ケンブリッジ大学に入学するところで明治天皇に命じられ、1882年に帰朝。1884年に公爵に列した。

 1890年、第1回帝国議会の開催にあたり、家達は27歳で貴族院議員に選ばれ、1903年に30歳で貴族院議長に選任。以来、1933年までおよそ30年にわたってその任にあった。

 名門家系を継いだというだけでなく、気が大きく、明るく円満な性格で、人望が厚かった。1914年、シーメンス事件で山本権兵衛内閣が総辞職すると、家達に次期首相として組閣するように内命が下ったが、反幕勢力がまだ羽振りを利かせていた時期だったこともあり、固辞したという(牧野伸顕[大久保利通の次男]ら政府の顕官は、明治時代の末頃まで徳川家の巻き返しがあるものと本気で心配していたらしい)。

RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合