NEW
【澤田晃宏/外国人まかせ】

技能実習生の「変形労働制」を認可――過酷でも稼げる牡蠣とホタテの養殖

文=澤田晃宏
【この記事のキーワード】, ,

――「奴隷労働」ともいわれる外国人労働者。だが、私たちはやりたくない仕事を外国人に押し付けているだけで、もはや日本経済にその労働力は欠かせない――。気鋭のジャーナリストが“人手不足”時代のいびつな“多文化共生”社会を描き出す。(月刊サイゾー2021年10・11月号より転載)

技能実習生の「変形労働制」を認可――過酷でも稼げる牡蠣とホタテの養殖の画像1
漁港には採苗連を作るためのホタテの貝殻の山がたくさんあった。牡蠣の幼生を付着させ稚貝として確保することを、養殖の行程では「採苗」という。(写真/筆者、以下同)

 広島県大竹市の玖波(くば)漁港にたどり着くと、漁港のあちらこちらで技能実習生たちが「採苗連(さいびょうれん)」を 作る作業に取り組んでいた。採苗連とは、中央に穴が開いた40枚程度のホタテの貝殻を、針金でプラスチック製の2センチ程度の管と交互に吊るしたもの。この採苗連を牡蠣(かき)の産卵期である夏頃に海中に沈め、ホタテの貝殻に牡蠣の幼生(赤ちゃん)を付着させるのだ。

 広島県は、牡蠣の生産量で日本一を誇る。その年間生産量は約1万9000トンと、全国の約6割を占める。天然が中心の魚とは違い、市場に出回る牡蠣(まがき)の大半は養殖だ。島や岬に囲まれた広島湾は波や潮の流れが穏やかで、牡蠣の生育や養殖棚の設置に適している。

 そうした環境から、今や広島県の名産品として全国的に知られる牡蠣だが、その生産現場を支えているのは外国人だ。 『広島発「技能実習生事件簿」』(文芸社)著者で、外国人労働者の研究、保護活動もする広島文教大学准教授の岩下康子さ んは「牡蠣養殖従事者の約8割は外国人が占めている」と指摘する。

「牡蠣養殖をする事業者の多くは家族や親族による小規模経営で、1990年代頃までは冬の収穫期の人手不足を近隣のパート労働者で補っていましたが、パート労働者の高齢化に加え、漁業に関心を持つ若者も少なくなり、都会に流れるようになってしまいました」

 その労働力不足を当初補っていたのが、日本にルーツを持つフィリピンやブラジルの日系労働者だったが、それも長くは続かない。岩下さんが続ける。

「冬場の繁忙期と夏場の閑散期の収入差が大きく、夏場は月の手取りが1桁(万円)台になることもあります。そのため、収入が安定した製造業などに流れ、日系人が牡蠣養殖の現場に定着はしなかった」

 そこで、変わりに牡蠣養殖の現場に入ってきたのが、原則、職場移動の自由を持たない技能実習生だった。

技能実習生の「変形労働制」を認可――過酷でも稼げる牡蠣とホタテの養殖の画像2
約40枚のホタテの貝殻をゴム管と交互に通す。フィリピン人技能実習生は「採苗連を1日8時間で110本くらい作ります」。

 牡蠣の生産・販売を行うアミスイ(大竹市玖波)では現在、9人のベトナム人と6人のフィリピン人が働く。代表取締役の網谷博慶さんもこう話す。

「繁忙期に手伝ってもらっていた近隣のパートさんが高齢化し、若者は都会に出てしまい、もう20年前くらいから日本人は集まらなくなりました。当時はまだ技能実習制度はなく、中国人研修生の受け入れを始め、現在も技能実習生なしには事業が成り立たない状況です」

 年間を通じて作業はあるが、自然相手の商売であるため、どうしても時期により作業量に差が出る。牡蠣の出荷までの流れを、網谷さんがこう説明する。

 先述の採苗連を牡蠣の産卵期である7月から8月にかけて海中に沈め、浮遊する牡蠣の幼生を付着させる。幼生が付着した採苗連を干潟の「抑制棚」に1年ほど吊るす。潮の満ち引きで海水に浸からない時間をつくることで、環境の変化に負けない抵抗力をつけ、生命力のある丈夫な牡蠣をつくることができるという。

 抑制が終われば、採苗連から育成した牡蠣の付いたホタテの貝殻を外し、それをまた針金にプラスチック製の20センチ程度の管と交互に通し替え、垂下連(すいかれん)を作り、沖合の養殖筏(いかだ)に吊るす。ここから収穫までに約1年かかり、幼生の採取にさかのぼれば、収穫まで2年程度かかる。

 例年、水揚げが解禁される10月から翌5月くらいまでが繁忙期となる。収穫した牡蠣は洗浄し、泥や付着したムラサキガイなどの生物を取り除く。洗浄した牡蠣は1個ずつ貝柱を切り、むき身にする。「牡蠣打ち」と呼ばれる作業で、ここに多くの人手が必要になる。

 「垂下連を養殖筏に吊るした後も、育成状態の悪い牡蠣を間引いたり、海水の表面温度が高い夏場は針金をつぎ足し、牡蠣を深く沈めたり、作業はたくさんある。収穫時はクレーンを使いますが、機械化できる部分は限られます」(網谷さん)

 筆者が訪れた9月は、水揚げが解禁される直前の閑散期。アミスイで働く実習生の労働時間は1日5時間程度。逆に繁忙期に入ると、朝の5時から夕方頃まで作業が続くこともあるという。

繁忙期・閑散期で差が 激しい労働時間と給与

 技能実習の中でも、季節ごとに作業量が変化する漁業、農業では「変形労働制」が認められている。労働時間を月単位・年単位で設定できるため、繁忙期は1日10時間、閑散期は1日6時間といった調整が可能になる。漁業、農業は技能実習の他職種とは違い、労働基準法のうち、労働時間・休日・休憩時間については適用除外になっている。

 また、海上の作業となる漁業では労働者保護をより厳格にする観点から、実習生の受け入れ方法が他業種とは異なる。

 現在、漁業関係職種では2職種10作業が認められている。実習生は一般的に監理団体を通じて受け入れられているが、漁船漁業職種(いか釣り漁業など8作業)は漁業組合を通じた受け入れしか認められていない。監理団体を通じて受け入れが可能なのは、牡蠣(まがきのみ)、ホタテ養殖の2作業のみだ。技能実習計画の認定にあたっては、実習生の待遇を労働組合(現在、全日本海員組合など9団体)と協議し、水産庁が運営する漁業技能実習事業協議会から証明書の交付を受 ける必要がある。

 それでも、受け入れ事業者の過半は家族経営などの小規模事業者で、労働者保護が徹底されているわけではない。

 ベトナム出身のグィン・タイン・トゥエンさん(28歳)は、牡蠣養殖の実習生として15年10月に来日。出身地は北部の ハイズオン省で、海はなく、両親は農業を営む。トゥエンさんは「牡蠣は日本に来て初めて見た」と話し、続ける。

「短大で電気工学を学び、製造業の技能実習生として日本に行きたかったのですが、溶接、機械加工の面接に落ち、『仕事はなんでもいいから』と送り出し機関に頼んで紹介されたのが牡蠣の養殖の仕事でした」

技能実習生の「変形労働制」を認可――過酷でも稼げる牡蠣とホタテの養殖の画像3
トゥエンさんの弟は自動車整備の技能実習生として石川県で働いている。介護の特定 技能試験を受け、近いうちに都内の介護施設で働き始める予定だという。

 受け入れ先は、広島県呉市内の牡蠣業者。来日後の入国後講習を終え、同じ日に来日した別のベトナム人実習生3人と、11月から収穫した牡蠣の掃除と牡蠣打ちの作業をした。すでに収穫の繁忙期で、12月は休みがなかった。作業は朝の4時半から夜の8時前まで続くこともあった。それでも、12月の手取りは20万円程度だったという。トゥエンさんは、 「残業代はちゃんと支払われない上、作業中は会話することも許されず、少しのミスでも『ベトナムに帰れ』などと毎日怒鳴られた。同じ日に働き始めたひとりは、3カ月もたたない間に失踪しました。寮にはインターネットがなく、家族と連絡が取れない。監理団体を通じてお願いをしても、通信環境を準備してくれることはありませんでした」

 繁忙期は手取り給与が17万円程度あったが、閑散期に入ると手取りは1桁に。8月は4万円だった。仕事が慣れない間は仕方がないと自分を納得させたが、いくら頑張っても評価されない。

「私は人間、モノではない」

 トゥエンさんは当時をそう振り返る。寮の通信環境の整備にさえ動いてくれない監理団体を通じた問題解決を諦め、技能実習制度のサポートをする財団法人「国際研修協力機構」に電話した。同機構の支援を受け、トゥエンさんは同じ呉市内の牡蠣業者に「転籍」。実習生に転職の自由は認められていないが、同じ業種の実習先への転籍は認められている。

 トゥエンさんの新たな受け入れ先は、社長も優しく、大変な牡蠣打ち作業もほかの実習生と無駄話をしながら、楽しい雰囲気で仕事ができた。残業が少なく、手取りは多いときで15万円程度に下がったが、満足だった。

 3年間の技能実習を終え、トゥエンさんは18年11月に帰国。約半年間、ベトナムの日系企業で働くが、19年10月に再び牡蠣養殖の実習生として来日した。

「日系企業はベトナムの会社より給料は高いですが、それでも4万円程度。また、日本で働きたいと思った」

 トゥエンさんは以前いた実習先に技能実習3号(4〜5年目)として戻り、今年1月には外食業の特定技能の試験を受けた。11月からは中部地方の飲食店で働くことが決まっている。特定技能として牡蠣養殖の仕事を続ける道もあったが、

「日本に来て一番驚いたのは、どんな安い料理店に入っても清潔で、接客も丁寧。もともと料理を作るのが好きで、日本の飲食店の経営を学んで、いつかはベトナムで飲食店を開きたい」

 トゥエンさんに、「なぜ、日本の若者が牡蠣養殖の仕事をしないのか」と尋ねると、少し間を置き、こう答えた。

「きつい、汚い、危険、だからかな」

失踪した元実習生でも 欲しいホタテ養殖業者

技能実習生の「変形労働制」を認可――過酷でも稼げる牡蠣とホタテの養殖の画像4
北海道南西部の噴火湾。出航は3時半。ホタテ養殖の漁船には3人のベトナム人技能実習生。小さな稚貝を間引いて、網の大きなカゴに入れ替え、また沖に沈める。

 牡蠣同様に養殖業で実習生の受け入れが認められているのがホタテだ。最大の生産地は北海道で、天然も一部あるが、水揚げされるホタテの約9割は養殖だ(19年)。こちらも牡蠣同様、生産現場は実習生なしには成り立たない。

 ホタテは牡蠣同様に幼生の採取から始まり、採取した稚貝をカゴに入れて沖合に吊るし、生育の悪い稚貝を間引きしながら、大きなカゴに入れ替える作業を繰り返して育成する。収穫までに約2年かかるが、もっとも大変なのが例年3月から5月頃に行われる「耳吊り作業」だ。

 約1年かけて6センチ程度に育った稚貝のカゴを引き揚げるだけでも重労働だが、それを洗浄し、ひとつずつ穴を開ける。それを糸でつないで沖合にカーテン状に吊るし、収穫まで育てるのだ。耳吊りの時期は作業が多く、仕事は深夜から夕方まで続くことも珍しくない。

技能実習生の「変形労働制」を認可――過酷でも稼げる牡蠣とホタテの養殖の画像5
耳吊りしたホタテが沈み過ぎないようにブイを足したり、ロープに付いた泥を落としたりする。作業は多岐にわたる。

 耳吊り作業を控えた今年2月、北海道南部のある人材会社では、立て続けに電話が鳴り響いていた。同社社員は、

「コロナの影響で新しい実習生が入ってこず、失踪した元実習生でもいいから、 とにかく人が欲しいと道内のホタテ養殖業者からの問い合わせが殺到しました」

 本連載でも解説してきたが、政府はコロナ下で在留資格の扱いを緩和し、すでに実習を終え、帰国困難な実習生などだけではなく、失踪した元実習生も週28時間という制限付きだが、就労を認める在留資格を交付している。外国人の入国に制限がかかる中、国内に残る外国人の争奪戦が起きている実態も本連載で書いてきたが、養殖業も同様だ。

 手元に、道内のある監理団体から提供を受けた実習生の賃金台帳がある。ホタテも牡蠣同様、変形労働制を取る事業者が多いが、ある実習生の4月の時間外労働は152時間を超える。深夜労働は100時間近く、総支給額は40万円を超える。道内のあるホタテ業者は、

「昔は休みもなく、とにかく稼ぎたいといった日本人もいたが、それが今は外国人に入れ替わった。労働時間も外国人を無理に働かせない限り、労基署からもうるさく言われることはない」

 二重帳簿を作り、労働時間をごまかす事業者も珍しくないが、あくまで「出稼ぎ」に来ている外国人にとっては、法令順守より稼げることが重要だ。

技能実習生の「変形労働制」を認可――過酷でも稼げる牡蠣とホタテの養殖の画像6
特定技能で再来日したレさん。寮にお邪魔すると、元実習生の奥さんと子どもの写真が。 水産加工工場で働いていた奥さんとは近所のスーパーで知り合ったという。

 外国人の扱い方は、事業者により大きく異なる。ベトナム出身のファン・ツ・レさん(34歳)は基本、残業をしない。牡蠣養殖も同じだが、ホタテも海上の作業だけではなく、カゴを編む作業など、陸上での作業も多い。長い時間働けばそれだけ稼げるが、雇用者の理解もあり、体に無理のない範囲で働いている。それでも、寮費などを引いた手取り給与は18万円を超える。

 レさんは高校卒業後、マレーシアに出稼ぎに行き、鶏の解体処理の仕事に就いた。そこで稼いだお金を元に、母国で携帯電話の修理会社を開いた。毎月3万5000円程度を稼いでいたが、友人から「3年で250万円は稼げる」と聞き、実習生として日本に行くことを決めた。

 しかし、送り出し機関で4回面接を受け、すべて不合格。「どんな仕事でもいい」と送り出し機関に頼み、紹介されたのがホタテの養殖だった。ベトナムの送り出し機関幹部はこう話す。

「すでにたくさんの実習生が日本に行き、情報は出回っている。仙台より北は寒く、最低賃金も安く、人気がない」

技能実習生の「変形労働制」を認可――過酷でも稼げる牡蠣とホタテの養殖の画像7
ホタテの稚貝の入ったカゴを引き揚げる実習生。耳吊り前の状態になると、カゴも60 キロ程度になり、引き揚げるのも大変である。

 レさんは、そんなベトナムでも「不人気職」のホタテ養殖の実習生として17年6月に来日。3年間の実習期間中に、道内の水産加工会社で働くベトナム人実習生との間に子どもができた。

「彼女も入国が同時期で、ちょうど3年間の実習期間が終わる頃を見計らって、計画的に子どもをつくりました」

 レさんは3年の実習を終え、20年10月に帰国。彼女との結婚式を済ませ、21年2月に特定技能外国人として再び来日し、ホタテの養殖作業に就く。

「3年間の技能実習で貯(た)めた約270万円で、(母国で)奥さんと住む家と土地を買いました。まだまだお金を稼ぎたい」

 結婚したばかりの奥さんと離ればなれで寂しくないのかと尋ねると、

「すごく寂しい。毎日、電話しています。特定技能でも家族帯同を認めてほしいです」

 レさんの枕元には、夫婦で生まれたばかりの赤ちゃんを囲む写真が置かれていた。

(文=澤田晃宏)

●プロフィール

澤田晃宏(さわだ・あきひろ)

1981年、兵庫県神戸市出身。ジャーナリスト。進路多様校向け進路情報誌「高卒進路」(ハリアー研究所)編集長。高校中退後、建設現場作業員、アダルト誌編集者、「週刊SPA!」(扶桑社)編集者、「AERA」(朝日新聞出版)記者などを経てフリー。著書に『ルポ技能実習生』(ちくま新書)、『東京を捨てる コロナ移住のリアル』(中公新書ラクレ)がある。

【澤田晃宏/外国人まかせ】

コンビニ弁当を作る鳥栖のベトナム人とネパール人

実習生の不正労働が横行する縫製業界のホワイト化を目指す監理団体の挑戦

誰が高齢者のオムツを替えるのか? 在留資格が乱立する介護の限界

情報提供はこちら