NEW
鬼塚眞子「目を背けてはいけないお金のはなし」

「マニュアル見るな!」あの有名飲食店チェーンで壮絶パワハラ、パート店員も病気に

文=鬼塚眞子/一般社団法人日本保険ジャーナリスト協会代表、一般社団法人介護相続コンシェルジュ協会代表
「マニュアル見るな!」あの有名飲食店チェーンで壮絶パワハラ、パート店員も病気にの画像1
「Getty Images」より

 本部が知れば晴天の霹靂だろう。顧客満足が高いことで知られる全国展開の飲食店チェーンのフランチャイズ店(FC)でパワーハラスメントが横行しているのだから。

 問題の主は、長年パートを続けているバックヤードの女性従業員・Aさんで、調理以外に新人の教育を担当している。いくら記憶力のいい人間でも、まったく未知のことを一度聞いただけで膨大な量を記憶するのは困難だ。それがAさんには気に入らないらしく、怒りが爆発することが多々あった。

 新人アルバイト店員は社会経験のない高校生や大学生たちで、こうしたAさんの指導が嫌になって、さっさと辞めてしまうという。ランチタイムは複数のパート店員がシフトに入っているが、Aさんが勤務する夕方以降はバイト歴半年の大学生2人、バイト歴4年の大学生1人、7年前に採用された3人のフリーターという新陳代謝の悪さだ。新しいバイト店員が入るたびに「どれぐらい続くか」と予測しあっているという。

 店長はバイトから正社員になり、転勤でこの店舗に異動してきた。店長はどんなに忙しくても物腰が柔らかく、バイトに注意するときも「●●をしてくれたら嬉しいです」と言うような温厚な人で知られていた。

 一方、Aさんは店長が異動する数年前からいた“店一番の主”で、業務上はそつなくこなすため、店長も頼りにしていることは間違いなかった。辞めたバイトのなかには、店長にAさんからのパワハラを訴える人もいたが、Aさんは自分を正当化し、もっともらしい主張をするので、店長も「言い方は厳しいかもしれないが、間違っていることを言っていない。今の子は少しのことですぐに辞める」と誤認してきた。調理部門には契約社員もいないため、Aさんの独壇場だったこともパワハラを産み出す土壌となっていた。

パワハラの定義

 職人の世界や師弟関係が重視される世界に限らず、パワハラがたびたび社会問題化するが、パワハラとは何か。

 2020年6月1日に改正労働施策総合推進法(パワハラ防止対策義務化)が施行され、厚労省はパワハラの定義を以下の通り定めている。

「職場において行われる(1)優越的な関係を背景とした言動であって、(2)業務上必要かつ相当な範囲を超えたものにより、(3)労働者の就業環境が害されるものであり、(1)から(3)までの3つの要素をすべて満たすものをいいます。なお、客観的にみて、業務上必要かつ相当な範囲で行われる適正な業務指示や指導については、職場におけるパワーハラスメントには該当しません」

 複数の店舗を持つ飲食店では、接客や調理方法に関するマニュアルがある。どこの店でも同じ材料、同じ分量、同じ調理時間、同じ調理方法でお客に提供することが絶対条件だからだ。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合