NEW

ミスミ、最強の経営の研究…製造業の常識を変えた世界的プラットフォーマー

文=真壁昭夫/法政大学大学院教授
【この記事のキーワード】, ,
ミスミ、最強の経営の研究…製造業の常識を変えた世界的プラットフォーマーの画像1
ミスミ HP」より

 10月28日、ファクトリー・オートメーション(FA)関連の部品等を扱うミスミグループ(ミスミ)が、2022年3月期の連結業績予想を上方修正した。純利益は前期比約2.1倍の352億円に達する見通しだ。現在、世界的なエネルギー資源や資材価格の上昇、および供給制約によって世界の主要企業の業績は明暗が分かれ始めた。その状況下、ミスミはFA分野で新しい需要を創出する力に磨きをかけている。

 ミスミのビジネスモデルは、もとは商社(流通)事業に重きを置いた。その後、同社は製造業に進出し、現在では物流とモノづくりのデジタル・トランスフォーメーション(DX)を強化している。業態が変化しても一貫しているのは、より短時間で、顧客企業の必要とするモノを届ける体制の強化だ。そうした取り組みが、世界的に物価が上昇する中で実力を発揮し始めたといってよい。

 今後、世界経済全体でデジタル化は加速する。それによって、半導体、スマートフォンなどのITデバイスや自動車、バッテリーなどの生産現場で、新しい制御機器や、そのメンテナンスに必要な資材需要が増えるだろう。ミスミが世界の生産活動に欠かせないプラットフォーマーとして持続的な成長を実現することを期待したい。

ミスミの業務の基礎はカタログ販売

 1963年に、ミスミは電子機器などを取り扱う専門商社として設立された。その後、同社はプレス金型用部品の発売に着手し、取り扱う商品のカタログを創刊した。このカタログの創刊こそがミスミと競合他社との差別化を支えた要素だ。

 ミスミがカタログを創刊するまでの金型市場では、標準製品という概念が乏しかった。金型を手に入れるためには、かなり複雑かつ非効率的な発注プロセスが必要だった。まず、顧客企業は必要とする金型を紙の図面に描く。その上で企業は数多くあるメーカーの中から金型メーカーを選び、発注数量、納期、料金などを個別に決めた。

 それに対して、ミスミは標準化された複数の金型を掲載したカタログを創刊し、需要に合わせて精密機械の部品などカタログに掲載する商品数を増やした。それによって、顧客企業は自ら発注先を選定し、納期などを交渉するわずらわしさから解放され、資材調達の効率性を高めることができた。ミスミの成長の基礎は、拡大し続ける商品群に、カタログという縦串を通したことにある。ミスミはカタログの創刊によって標準化された金型部品などの市場を創出したといってもよい。

RANKING
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合