NEW

『蒼穹のファフナー』製作委が謝罪…なぜコラボのラーメン店でセクハラ騒動が起きた?

文=編集部
「蒼穹のファフナー THE BEYOND」製作委員会公式Twitterアカウントより
「蒼穹のファフナー THE BEYOND」製作委員会公式Twitterアカウントより

 人気アニメ『蒼穹のファフナー』シリーズ最新映画作品を手がける「蒼穹のファフナー THE BEYOND」製作委員会は23日、公式サイト上で『喰海」メニューコラボレーション中止のお知らせ』と題した謝罪文を公開した。合わせて広島県尾道市の“尾道ラーメン店”「喰海」とのコラボレーションの中止を発表した。

 中止の理由は「お客様の心を傷つけるような言動あった」からという。実は同店店主に対し、今月上旬ごろから、Twitter上などで「ファフナー」ファン(通称“島民”)の女性からセクハラ被害の告発が相次いでいたのだ。今回の謝罪でそうした事実があったことを製作委員会が認めたというかたちだ。製作委員会の発表は以下の通り。原文ママで引用する。

<いつも「蒼穹のファフナー」プロジェクトを応援いただき、誠にありがとうございます。

現在メニューコラボレーションを開催しております「喰海」につきまして、コラボレーション期間中に、複数のファンの皆様から、キングレコード、コラボレーションを取りまとめておりますマッシュアップエンターテイメントおよびコラボレーション情報を発信しているMUEステなど、関係各所にご意見を頂戴しました。

内容は、「喰海」店主により、お客様の心を傷つけるような言動があったというものでございます。製作委員会としましては、いかなる状況であっても、そういった振舞いは許されるものでは無いと判断し、「喰海」とのコラボレーションを中止する決定を致しました。

ファンの皆様に、作品のロケ地のひとつである尾道の雰囲気を楽しんでいただける企画として、ありがたくも第4弾のコラボレーションを開催しているさなかに、開催店舗にてこのような事案が発生しましたことを、深くお詫び申し上げます。

日頃より作品を応援してくださっているファンの皆様に、多大なご心配をおかけすることとなり、大変申し訳ございません。

改めて気を引き締め、皆様にお愉しみいただけるコラボレーションとなるよう、開催各店舗とともに、より一層の精進と鋭意努力をしてまいります。

何卒、宜しくお願い申し上げます。「蒼穹のファフナー THE BEYOND」製作委員会>

「心を傷つけるような言動」とはなにか?

 ファフナーシリーズのテーマは「島・ロボット・群像劇・少年少女」。未知の生命体「フェストゥム」の襲来により滅亡の危機に瀕した人類を守るため、南海の孤島“竜宮島”に住む少年少女たちが巨大ロボット「ファフナー」に搭乗して戦うという物語だ。この作品の舞台となる“竜宮島”は広島県尾道市や福山市がモデルとされており、多くのファンが“聖地巡礼”のために両市を訪れたり、特産品を購入したりしている。

RANKING
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合