NEW
千葉哲幸「フードサービス最前線」

パフェ2千円でも人気殺到…観音山フルーツパーラー、創業百年の果物農家の挑戦

文=千葉哲幸/フードサービスジャーナリスト
観音山フルーツパーラー
銀座店は、歌舞伎座近くのホテル1階にあり店の存在感をアピールする上で絶好の立地と言える(筆者撮影)

 コロナ禍でありながらよく売れている食べ物は「フルーツ」である。その筆頭は「フルーツサンド」。これらに新規に取り組んだところは、意外にも「居酒屋」が多い。夜の営業が限られ、また酒類が売れないことからこの商品に着眼した。また、シャインマスカットをはじめとしてブドウのバラエティーが広がったこともフルーツ人気を後押ししているようだ。ケーキ販売店のショーケースの品揃えが例年に増して華やかになっている。

パフェ2千円でも人気殺到…観音山フルーツパーラー、創業百年の果物農家の挑戦の画像1
銀座店の店内では本部のある和歌山の果樹園の様子がプロジェクターで映し出されている(筆者撮影)

 このトレンドをさらに盛り上げる店舗が現れた。それは「観音山フルーツパーラー」。10月18日に東京・銀座、11月3日に表参道と相次いでオープンした。店の告知には「これが和歌山の実力!」と書かれている。商品力に絶大な自信があることが伝わる。これらの店を営んでいるのは和歌山県紀の川市の果物農家、農業生産法人有限会社柑香園である(銀座店は直営、表参道店は共同経営)。農家が直に営むフルーツパーラーとなると、さぞやおいしいのではと期待が募る。

パフェ2千円でも人気殺到…観音山フルーツパーラー、創業百年の果物農家の挑戦の画像2
表参道店ではディナー帯にフルーツカクテルを提供するカウンター席が整っている(筆者撮影)

 メニューは旬のフルーツを盛り込んだパフェがメインで、「フルーツパフェ」1980円(税込)、「レモンパフェ」1890円が定番。そして旬のフルーツを単品で構成した季節メニューが圧巻である。今の季節は「いちじくパフェ」2390円、「柿パフェ」2390円を提供している。それぞれ熟したいちじく、柿が1個分使用されていて、まず見た目で驚き、食べてみて体全体が満足する。

パフェ2千円でも人気殺到…観音山フルーツパーラー、創業百年の果物農家の挑戦の画像3
シンプルにまとめた定番メニューの「レモンパフェ」1890円(柑香園提供)
パフェ2千円でも人気殺到…観音山フルーツパーラー、創業百年の果物農家の挑戦の画像4
今の季節メニュー「いちじくパフェ」2390円(柑香園提供)
パフェ2千円でも人気殺到…観音山フルーツパーラー、創業百年の果物農家の挑戦の画像5
今の季節メニュー「柿パフェ」2390円。季節メニューは旬の果物をまるごと楽しむという趣向(柑香園提供)

六代続く果樹農家の奮闘とプライド

 柑香園の本部は和歌山県紀の川市粉河にある。本部は果樹園の真ん中にあり半径1キロ圏には民家が存在しない。広大な果樹園の中で農業生産法人を営んでいる。代表取締役会長の児玉典男氏は「五代目」、代表取締役社長の児玉芳典氏は「六代目」と名刺に記している。

 このようにトップが当代を名乗ることには、果物農家として歩んできたファミリーとして誇りが存在する。初代は吉兵衛氏。払い下げのあった官有地を開墾して、みかん農家を始めた。明治44(1911)年のことである。二代目、長次郎氏は雑木林を開墾して果樹園の拡大に努めた。三代目、正男氏は農業生産者であると同時に商才を発揮した。昭和元(1926)年より個人で出荷を手掛けた。付近の農家からみかんを購入して、国内での販売と並行して北米や朝鮮・満州へと海外での販売を広げた。

 四代目、政藤氏は出征先の満州より帰還。農地解放で所有農地の8分の5を手放すことになる。戦中・戦後のみかん園の荒廃は甚だしく、肥料不足によってその復興は困難であったが、昭和23(1948)年より始められたカナダ向けみかん輸出に参画して、その見返りの肥料を果樹園の回復にあてた。収入は増加したが所得税が重圧となり、それを合理化するために法人を設立、昭和37(1962)年11月に農業生産法人有限会社柑香園に組織替えをした。同時に果樹専業農家となり、農協や任意出荷団体には加入せず、あくまでも生産と直売に徹した。

パフェ2千円でも人気殺到…観音山フルーツパーラー、創業百年の果物農家の挑戦の画像6
果樹園の様子。写真左が5代目の児玉典男会長、右が6代目の児玉芳典社長(柑香園提供)
RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合