NEW
小林敦志「自動車大激変!」

販売台数日本一のミニバンに…「アルファード」がここまで売れる車になった理由

文=小林敦志/フリー編集記者
トヨタ「アルファード」(「トヨタ自動車WEBサイト」より)
トヨタ「アルファード」(「トヨタ自動車WEBサイト」より)

 トヨタの次期型「ノア」および「ヴォクシー」の情報がメディアで飛び交うようになった。本来ならば年内に発表予定ともされていたが、デビュー予定は2022年1月13日と、若干延びた形となっている。この背景には、世界的なサプライチェーンの混乱があるのではないかと考えられる。

 なお現行モデルでは3兄弟を形成していたが、「エスクァイア」の次期型はラインナップされない。現行ノアとヴォクシーが属するのは“5ナンバーハイト系ミニバン”などとも呼ばれるカテゴリーとなり、最近の日本車では珍しく、日産「セレナ」、ホンダ「ステップワゴン」というガチンコでキャラクターのかぶる他メーカーライバル車が存在し、日本国内では売れ筋クラスといわれている。

 そもそもは、「タウンエース バン」や「ライトエース バン」など、キャブオーバーバンの乗用車版として、「タウンエース ワゴン」「ライトエース ワゴン」、そして日産では「チェリー/サニーキャブ」、そして後継の「チェリー/サニーバネット」などを源とし、その後ミニバンスタイルを採用するノアやヴォクシー、セレナ、そしてステップワゴンも加わり、今日に至っている。

 しかし、次期ノア&ヴォクシーは、現行モデルでも一部3ナンバー仕様があるものの、次期型では全車本格3ナンバーサイズとなるとのことなので、セレナやステップワゴンも今後フルモデルチェンジを経て、それに追随するのかどうかも注目に値するところ。

 しかし、近年では、このカテゴリーは今ひとつ元気がない。グラフ1はヴォクシー、セレナ、ステップワゴン、そして、参考としてトヨタ「アルファード」の暦年(1月から12月)締め別の年間販売台数の推移を表したものであるが、アルファード以外はなだらかな下降線を描いているのがわかる。

トヨタ系ミニバン4車暦年締め販売台数推移
グラフ1

 そもそもコロナ禍前より、新車販売の世界では、世界的にもサイズの小さいモデルや小排気量エンジンを搭載するモデルへの“ダウンサイズニーズ”というものが顕著となっていた。そのなかで、ノア&ヴォクシーの属するクラスは一世代前のモデルでは2Lエンジンの搭載がメインとなり、実用燃費も7~8km/Lとなっており、「排気量が大きく、燃費も良くない」と敬遠する傾向が目立ちつつあった。

アルファードが日本一売れるミニバンに

 現行モデルでは、ノア&ヴォクシーはTHS(トヨタ ハイブリッド システム)、セレナはe-POWER、ステップワゴンは1.5Lターボやe:HEVをラインナップするようになり、ガソリンエンジン搭載車(セレナはスマートシンプルHEV)であっても、カタログ数値(WLTC値)では13㎞/L台までに改善しており、おおむねカタログ数値の燃費が実用燃費でも達成されているようである。

 ただ、ステップワゴンでは、排気量を1.5Lに小さくしたこともあり、ターボエンジンとすると、一部女性配偶者などから「ターボを搭載している」と大昔のスポーツモデルに搭載していたターボエンジンのイメージを持たれてしまい、販売面ではダウンサイズユニット搭載という効果を十分発揮できていないといった話も聞いている。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合