NEW
小林敦志「自動車大激変!」

3ナンバーボディとなる新型ノア&ヴォクシー、最大のライバルはアルファードに?

文=小林敦志/フリー編集記者
【この記事のキーワード】, , ,
現行型トヨタ「ノア」(「トヨタ自動車WEBサイト」より)
現行型トヨタ「ノア」(「トヨタ自動車WEBサイト」より)

 前回、トヨタの次期型「ノア」および「ヴォクシー」が2022年1月13日にデビュー予定であることを踏まえて、「アルファード」の販売が好調な背景について述べた。

 アルファードが人気の理由のひとつがリセールバリューの高さだが、それではノア&ヴォクシーのリセールバリューが悪いのかといえば、こちらもかなり高いものとなっている。先代ノアの2010年式で走行距離少なめの中古車価格をいくつか調べてみると、10年落ち以上にも関わらず新車時販売価格の40~45%ほどで推移していた。同年式の「カローラセダン」(カローラ アクシオ)で見ると30%弱となっているので、明らかにノア&ヴォクシーのほうが“価値が残る”ことになっている。

 ノア&ヴォクシー、日産「セレナ」、ホンダ「ステップワゴン」も海外への中古車輸出が活発に行われており、ロシアでは地理的に近いウラジオストクなどの極東シベリア地域だけでなく、モスクワ市内でもよく見かけることができる。過走行や内外装の傷みが激しくても、あまり気にされることなく海外ではニーズがあるので、リセールバリューの良さが継続するのである。

 ただ、アルファードはそれに輪をかけて、日本車では異例ともいえるリセールバリューの良さを見せているのである。モンゴルからなどのニュース映像でよく見かける、初代アルファードハイブリッド(2003年式なので18年落ち)で、国内販売されていたある物件の中古車価格は84万円。実に新車時価格の約20%を維持していた。

 次期型ノア&ヴォクシーは3ナンバーサイズとなるので、よりアルファードに近い存在となる。2021年12月あたりから予約受注を開始するので、現状のサプライチェーンの混乱がなくても、デビュー直後はオーダーが集中し納期遅延が発生するのはほぼ確実。そうなると現場のセールスマンとしては、納期が短めで、しかも高額車種となるアルファードへ次期型ノア&ヴォクシーの購入希望客を誘導するという動きが活発化していきそうだ。つまり、次期型ノア&ヴォクシーの最大のライバルはアルファードということになりそうである。

次期型ノア&ヴォクシーの販売台数に注目

 現行型ノア&ヴォクシー、そして「エスクァイア」は、情報によると、サプライチェーンの混乱などもあり、一時的として2021年9月末に受注停止したままオーダーストップとなっているとのこと。平時ならばフルモデルチェンジ間近であり、オーダーストップ後もディーラー在庫が豊富に残っているのだが、現状では平時に比べれば限定的なものとなっているようだ。

 何もなければ、次期型ノア&ヴォクシーがデビューする2022年1月や同年2月の新車販売台数統計では、モデルチェンジ前の在庫車も計上されることで販売台数の積み増しができ(新型は納期遅延で販売実績として思うように積み上げられない)、「新型出足好調」というようなことにもなるのだが、今回ばかりは在庫車が期待できないものと考えられるので、どのように販売台数を積んでいくのかも注目したいところである。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合