NEW

ミクシィ、モンスト効果薄れ苦境、ウマ娘に食われる…サイバーAは過去最高益

文=編集部
ミクシィ
ミクシィが入居している渋谷スクランブルスクエア(「Wikipedia」より)

 ミクシィは、2022年3月期の連結決算予想を下方修正した。売上高は前期比8~12%減の1050億~1100億円と、従来予想(1150億~1200億円)から100億円引き下げた。純利益は同75~84%減の25億~40億円の見通しで、従来予想(85億~100億円)を60億円下回る。

 主力のスマートフォンゲーム「モンスターストライク」は競争が激化し、売り上げが下がったうえに開発本数も増え、コストがかさんだ。競輪アプリ「TIPSTAR(ティップスター)」の認知度をあげるためにテレビCMなど大型のプロモーションを展開した。想定以上にコストがかさんだ割りには、顧客の拡大につながらなかった。

 20年6月に開始したティップスターは、競輪のネット投票を基本料無料で楽しめるアプリ。アプリ上で実際に車券を購入できる。株主への安定した配当を重視しているとして、年間配当110円は据え置く。21年4~9月期の連結決算は売上高が前年同期比12%減の515億円、純利益は34%減の61億円だった。

 決算発表を受け、週明けの11月8日の東京株式市場で、ミクシィ株に売りが殺到。値幅制限の下限となる前週末比500円のストップ安の2245円で取引を終えた。業績の上方修正期待でこのところ買われていた反動もあって、下げがきつかった。その後も、売りは止まらず12月6日の終値は前日比19円安の1998円まで下落し、2000円の大台を割り込んだ。

「ウマ娘」の売り上げが「モンスト」を上回る

 サイバーエージェントのスマホゲーム「ウマ娘 プリティーダービー」の売り上げが「モンスト」を上回った。新人トレーナーとなったプレーヤーが、実在する競走馬の名前を冠した“ウマ娘”と呼ばれるキャラクターを育成し絆を深め、共に成長しながらレースの勝利を目指していくゲームだ。

 ゲーム内では実際の競走馬さながらのレースや、ウイニングランならぬ“ウイニングライブ”(レースの勝者がセンターを務めるライブステージ)など、オリジナルな要素も楽しめる。この「ウマ娘」が大ヒットした。サイバーエージェントの21年9月期の連結決算は、売上高が前期比1.4倍の6664億円、営業利益は3倍の1043億円、純利益は6倍の415億円と過去最高益となった。藤田晋社長は決算発表の会見で「ゲーム事業の新規タイトルのヒットが大きかった」と話した。

 ゲーム事業の営業利益は「ウマ娘」のヒットにより前期比3倍の964億円となり、会社全体の9割を稼いだ。ネット広告事業も225億円と7%増えた。

RANKING
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合